« 葬儀社出店 | トップページ | ナワシロイチゴの閉じた花 »

イボタガの幼虫

少し前の画像です。

ヘンなイモムシでしょう。知っている人にはお馴染みの、イボタガの幼虫。

ガの幼虫にはいろいろとヘンな意匠が見られますが、本種もその一つです。

体の頭寄りに4本、お尻側に3本、

合計7本の、まるでヨレヨレの針金みたいな突起があります。

イボタガの幼虫はその名の通りイボタノキの葉を食べて育ちます。

しかしイボタノキに限らず、同じモクセイ科であれば、

ネズミモチやキンモクセイ、アオダモなんかでも食べる様ですね。

我が家のイボタノキでも何度か見ていましたが、

追跡できていなかったので、多分捕食されたのだろうと思っていましたが、

今回のものは大きくなるまで見ることができました。

多分、これで4令幼虫です。

終令になると、なんとこの突起は無くなってしまいます。

この姿を見てしまっていると、終令はなんだかとても平凡なイモムシ・・・

つまんないので画像はのせませんでした(笑)

イボタガって、大きなガなのですよ。

ですから幼虫も大きいです。写真のもので6センチ弱、

終令では9センチを超えていました。

そしてイボタガは、成虫を見逃しやすいガ。

年に一度3月下旬から4月に羽化し、成虫が見られる期間はせいぜい2週間。

成虫は産卵して死んでしまい、春から初夏にかけて慌ただしく成長し、

蛹で夏〜秋〜冬と寝たまま過ごし、また春に羽化します。

この幼虫もすでに木から降りました。

おそらく近くのものかげの地面で、蛹になっていることでしょう。

来春、成虫の姿で再会できないものかと期待しています。

すっごい模様のガなんですよ。

幼虫はモダンアートしてますが、

成虫はきめ細かな職人仕事を感じさせる、実に芸術的な姿なんです。

ぜひまたお目にかかりたい・・・

 

Ibotaga_youchu

|

« 葬儀社出店 | トップページ | ナワシロイチゴの閉じた花 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56537732

この記事へのトラックバック一覧です: イボタガの幼虫:

« 葬儀社出店 | トップページ | ナワシロイチゴの閉じた花 »