« イボタガの幼虫 | トップページ | ウラゴマ産卵! »

ナワシロイチゴの閉じた花

春から初夏は、野いちごの仲間が次々に開花〜結実を迎えます。

中でも一番最後に開花するのがナワシロイチゴ。

白い花が多い野いちごの仲間ですが、ナワシロイチゴはピンク色の花です。

ただ、残念なことに大抵の場合、その花びらは開きません。

これまでに何度か幾分開いた花を見たことがありますが、非常にまれ。

しかし、これでも立派に「開花」なんです。国語的矛盾がありますが(笑)

野いちご類の花にはたくさんの子房があって、

そのどれもが受粉しないと果実はきれいな形に実りません。

ほかの野いちごではコハナバチの仲間などが頻繁に訪花するので

これらがポリネーターとなっていることはすぐにわかります。

よく見ていると、ナワシロイチゴの花でもコハナバチはやってきます。

でも開花状態がこのありさまですから、

その短い口吻を閉じた花弁から差し込んで触れる範囲は

ごく限られていそうでした。

ゆえにきっと自家受粉に頼る率が高いんだろうな〜と思っていました。

写真は筑波山中腹でのカット。

ナワシロイチゴの花にやってきたのは、マドガという小さなガです。

マドガは昼間に活動し、花の蜜にやって来るタイプのガ。

ナワシロイチゴの例によって閉じた花にやってきたマドガは、

器用に花弁と花弁の隙間から花に差し込んだ長い口吻を

鞭のようにひょんひょんと動かしながら蜜を吸っています。

なるほど、これなら結構まんべんなく受粉できるかもしれませんね。

チョウも同じことができそうですが、

チョウがナワシロイチゴの花にやってきたところは

シロチョウ科の何種類かが来ているのをたまに見かけた程度で、

あまり見た事がありません。

ナワシロイチゴにとって、

マドガは質の高いポリネーターのひとつなのかも知れませんね。

 

Madoga

|

« イボタガの幼虫 | トップページ | ウラゴマ産卵! »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56577078

この記事へのトラックバック一覧です: ナワシロイチゴの閉じた花:

« イボタガの幼虫 | トップページ | ウラゴマ産卵! »