« 芹葉飛燕草 | トップページ | オニバスの初浮葉 »

お日様のかけら

ちょっと前の話です。

梅雨入り直前の晴れ間、久し振りに洗車していました。

ちょっとサボってたもので本当に久し振り・・・

でも、私が洗車するとだいたいお天気が崩れるんですよねー。

多分、いきなり梅雨入りしたのはこの洗車のせいだと思うのです(笑)

しかし、その洗車中、嬉しい出会いがありました。

水がはねて湿った砂利の地面に、

突然目が覚めるようなオレンジ色が舞い降りました。

私が大好きなチョウ、ヒオドシチョウです。

毎年見るチョウではありますが、我が家の庭では稀な種類、

ホースもスポンジもすっぽり出してカメラを取りに走りました。

戻ってみるとあれいない?!

・・・いや、ポジションを変えてとまってました(´`)

ベール越しのような薄日に翅を拡げ、濡れた地面から吸水しています。

ご機嫌が変わらぬうちにパチリ!良かった、撮影できました。

ヒオドシチョウはギザギザカットの翅を持つ典型的なタテハチョウですが、

この鮮やかなオレンジ色は仲間うちでもナンバーワンではないでしょうか。

「緋威」とはよく名付けたものですが、

まるでお日様のような明るさとエネルギーを感じる色だと思います。

しかも、縁取りのレース模様には青紫をあしらってるんですよ〜!美っ!!

ヒオドシチョウの食樹はエノキなのですが、

うちのエノキではまだ幼虫を見た事がありません。

そもそも、エノキだったらそこらじゅうにあるのに、

どうしてこのチョウは生息密度が低いのでしょう。

でも、たまに会えるから嬉しさもひとしおです。

頑張って洗車してよかった〜っ!!(笑)

 

Hiodoshi1406

|

« 芹葉飛燕草 | トップページ | オニバスの初浮葉 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56486755

この記事へのトラックバック一覧です: お日様のかけら:

« 芹葉飛燕草 | トップページ | オニバスの初浮葉 »