« クロイトの産卵 | トップページ | クマドリスタ撮り »

池の平へ

Ikenodaira140629

 

先日、ネイチャーガイドの仕事で長野県の池の平湿原に行ってきました。

初めて・・・のつもりだったのですが、記録を見ると

20代のはじめ頃に一度来ているみたい・・・全く記憶が無いのですが(笑)

でも、現地に行ってみてなんとなく思い出しました。

そういえばここ、歩いた事あるな・・・と。

それはつまり、だいたい30年振りです(爆)

その頃はチョウやトンボにばかり気をとられ植物を見ていなかったのですが、

今回あらためて見てみると、

狭い範囲で随分いろいろな花を見ることができるのに驚きました。

たいしてキツいコースでもないのに、数時間掛けてゆっくり一周するだけで

これほどの高山植物や湿生植物を見る事ができるというのは、

お手軽さに比べ得るものが多い!お徳な場所といえそうです。

人の保護下の環境ですが、コマクサだってたくさん見られます。

下の写真が三方峰のコマクサ群落。

大株は少なかったですが、なかなかきれいに咲いていました。

すっごい小株ですけど、右の手前に白花株があります。

湿原部分は、かすかな記憶だともっともっと湿っぽかった気がするのですが、

随分乾燥し、草原化が進んでいるように感じました。

それでも鏡池の周辺では、湿原植物のヒメシャクナゲが

可愛らしい花をたくさん咲かせていましたよ。

それにしてもお天気がまずまずで何より。

朝、茨城を出る時はどしゃ降りの雨でしたから

この先どうなる事かと思っていたんですけどね〜・・・

外環の終わり頃から空が明るくなり、

関越を走り出したら晴れ間が出てきました。

もっとも関東の沿岸部は一日お天気が不安定だったようで、

帰りのお天気は行きの逆再生でした(笑)

このお仕事、夏の間にあと数回担当する予定です。

行く度ごとに少しずつ花の種類が移り変わり、

高層湿原の季節の移ろいを感じられるのでは・・・と、楽しみにしています。

 
Komakusa_ikenodaira

|

« クロイトの産卵 | トップページ | クマドリスタ撮り »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56704125

この記事へのトラックバック一覧です: 池の平へ:

« クロイトの産卵 | トップページ | クマドリスタ撮り »