« ヤマユリ苦心の開花 | トップページ | 池の潤夏2014 »

何かの前触れ!?

夕方も近いとはいえ、この時期まだまだ日も長く

それより何よりとにかく暑い!

干した洗濯物もきれいに乾いたので、

あまり日に当てる前に取りこんじゃおうとウッドデッキに出ると、

リビングと90°の関係でデッキに面した和室の網戸に

何やら見慣れぬものが・・・

「!!コウモリじゃん!!」

だいぶ以前からウチにいたのは知っていましたけど・・・

数年前には軒下にくっ付いている

大きなキイロスズメバチの古巣を塒にしていました。

でも、今年はその古巣でシジュウカラが営巣していたので、

コウモリさんたちは一体どこへ行ってしまったのだろうかと

心配していたのです。

夕方以降は池の上を2〜3匹で飛び回っているので

きっと我が家のどこかを塒にしているのだろうとは思ってました。

それにしてもこんな明るい時分から

一体どうしたのだろうかと観察していると、

はじめ僅かに動いていた脇腹が全く動かなくなり、ほぼ同じくして

コウモリの体のあちこちから、寄生していたダニが動き出してきました。

こういう場面にはずっと以前にも遭遇した事があります。

山中の川のほとりで瀕死のネズミが絶命した瞬間を見たときと同じです。

「ああ。こいつ、たった今死んだところだ・・・」

コウモリの死に際なんて、なかなか立ち会えるものじゃないですよね。

もちろん死因はわかりませんし、

何でよりによってこんな場所で死んだのかもわかりません。

でも、コウモリなんて生き物、

一体どこでどんな風に死んじゃうんだろうって考えた事はありました。

こんなところでこんな風に死んでしまう事もあるのですねー・・・

何かの前触れなのかな・・・なんて考えちゃいますね。

でも、このコウモリ

多分うちに居着いていた数匹の中の1匹である可能性が高いと思います。

家族を1人失ったみたいな寂しい気持ちも感じます。

懇ろに弔ってあげよう・・・とも思ったのですが、

一応茨城県自然博物館に問い合わせたところ、

牛久市の標本はないので是非欲しいとのこと。

学術的に役に立つのなら、それもまた大切な事ですから、

クール便で送る事にしました。

暑い夏の日の、ちょっと不思議な出来事でした。

 

Iekoumori140716

|

« ヤマユリ苦心の開花 | トップページ | 池の潤夏2014 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56925349

この記事へのトラックバック一覧です: 何かの前触れ!?:

« ヤマユリ苦心の開花 | トップページ | 池の潤夏2014 »