« 新世界への行進 | トップページ | 暑いながらも・・・ »

ショウジョウトンボが消えた!

写真の昆虫はアオメアブ。

以前このブログでも紹介した事のある、

「サングラスに葉巻」という悪役の定番みたいな風貌が印象的ですね。

止まっているのは玄関前の水路に植えたエキノドルスの花穂です。

この場所、いつもならショウジョウトンボの定位置です。

じつは、つい先日まで池の周りでも水路の周りでも

あれほど飛んでいたショウジョウトンボが、一度に消えました。

いつもなら秋の始め頃まで継続的に見られる種類なので、

いったい突然どうしたのだろうと思っています。

姿が消えたのは何もうちだけではありません。

今週観察会をやる予定の「つくば市高崎自然の森」の池からも

近所にある「牛久市前観察の森」の池からも姿が消えていました。

もちろん、たまたまかも知れません。

しかし、どちらの場所でもそれなりに個体数がいる時期ですから、

1匹も見なかったという事実には解せないものがあります。

どこかに移動しているのでしょうか?

だとしたらどこへ?なぜ??

どちらの疑問も答えが見つかっていないのですが、

先週の火曜日・・・7月22日から、気温がぽーんとはね上がった事が

ちょっと引っ掛かっています。

気象庁の気温の地点別記録をチェックすると、この期間に

「7月の観測史上最高」なんてのがぽちぽち見られました。

ショウジョウトンボは割合暑さに耐える種類ですが、

チョウやカブトムシなどもガクンと見られなくなったことを考えると

これは無関係ではないかもしれません。

それにしても、去年の夏もさんざん見た「●月の観測史上最高」・・・

今年も連発しています。

マクロで見た気温上昇とは別に、ブロックで見た気温上昇は

都市温暖化などの影響で全体の推移よりも

遥かにスゴい事になっているのかもしれません。

私たちはもっと気象のデリケートな信号に

注意を払わなければならないのかもしれません。

※先日立ち寄った土浦市の霞ケ浦総合公園の水生植物園では

なんとか2個体のショウジョウトンボを見ることができました。でも、

ここも元々たくさん居る場所なので、ちょっと少な過ぎるなあ・・・

 

Aomeabu140729

|

« 新世界への行進 | トップページ | 暑いながらも・・・ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56950564

この記事へのトラックバック一覧です: ショウジョウトンボが消えた!:

« 新世界への行進 | トップページ | 暑いながらも・・・ »