« ほぼとけ込んでる | トップページ | 湿原は秋 »

夏エビネ

夏の温室内は暑い上に花が少ないので、

最低限のお世話だけやって、ついつい花を見過ごしてしまうのですが

今年は夏の開花もできるだけ撮影しようと気を付けています。

写真の花はナツエビネ。日本の野生ランです。

ナツエビネはその名の通りエビネ(カランセ属)の1種ですが、

花の形はエビネと少々趣を異にしており、

なんだかイカとかタコとかの赤ちゃんみたいな形の花です。

きっとむいたホオズキの皮みたいにまとまって反り返った外花被片と

妙に細くてひゅんと横に突き出た側花弁が層見せているのでしょう。

ナツエビネの花はピンクから淡い青紫まで変化がありますが、

我が家のものはやや淡い青紫系です。

すっと以前に、ランの愛好家の方から

とても青味が強いナツエビネを見せてもらった事があります。

すっごくクールな色合いで、

洋ラン的に言うなら、セルレアとでも呼べそうな個体でした。

我が家のナツエビネはそれには遠く及ばない淡い色ですが、

涼しげな印象は共通している感じです。

でも、今まで一度もブログには掲載していませんでしたね。

やっぱりちゃんと見ていなかったんだな〜・・・

暑い中毎年ちゃんと咲いてくれているのに・・・

ちょっと反省です(笑)

 

Natsuebine1408

|

« ほぼとけ込んでる | トップページ | 湿原は秋 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57190747

この記事へのトラックバック一覧です: 夏エビネ:

« ほぼとけ込んでる | トップページ | 湿原は秋 »