« 暑いながらも・・・ | トップページ | 最小のオトギリソウ »

スネ夫の脱皮

スネ夫ことオンブバッタです。

こいつは今年も相変わらず多くて、庭中で栽培植物の葉を食べてくれます。

普通に自生している植物の葉より、

なんかわざわざ栽培しているものばかり食べるので

正直あまり快く思ってません(笑)

特にアサザとかミズキンバイとかトチカガミとか・・・

水生植物がお好みみたいです。

うちの息子は小学校の頃からバッタとカマキリがやたら好きで、

彼にとってオンブバッタはいまでも憎からぬ昆虫みたいです。

しかしそんな息子も今年の夏は気まぐれにアサガオを育てていて、

そのアサガオの葉が穴だらけにされ、さすがに唸っておりました。

写真は水路のエキノドルスの葉で脱皮した直後の幼虫です。

オンブバッタは他のバッタよりもちょっと遅れてふ化して来るので、

この幼虫もあと2回以上は脱皮しないと成虫にならないでしょう。

そのかわり、オンブバッタは

他のバッタがガクンと数を減らす11月に入ってもまだまだ健在です。

エキノドルスの葉裏に付いている白いものは脱皮した脱け殻。

こんな我が物顔のバッタでも脱皮はこっそりしたいらしく、

たいてい葉裏や物陰で脱皮します。

身体も一応固まってきて、動けるようになったのか

のそのそと葉の表側に移動してきました。

他のバッタも同様ですが、脱皮してすぐは色が未完成で

この個体はおそらくバックの葉と似たような黄緑色になるはずですが、

まだ透明感の残るエメラルドグリーンですね。

葉を噛み切るアゴもまだ充分に固まっていないでしょうから

もうしばらくはお食事もできません。

いっぱい生えてる雑草食べてちょうだいな。

あんまり作ってるものばっかり狙って食べると

マルコの幼虫のエサにしちゃうからね(笑)

 

Onbu_dappi

|

« 暑いながらも・・・ | トップページ | 最小のオトギリソウ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/56964529

この記事へのトラックバック一覧です: スネ夫の脱皮:

« 暑いながらも・・・ | トップページ | 最小のオトギリソウ »