« 狙いはいいが・・・ | トップページ | 池の晩夏2014 »

身辺警護

Murasaki_youchu

 

ちょっと分かりづらい画像ですが、

とりあえずアリがたくさんいるのはすぐに分かると思います。

そしてそのアリにたかられちゃってるのが、

葉っぱと同じような薄緑色の幼虫・・・ムラサキシジミの幼虫です。

普通はアラカシの葉を食べるのですが、今食べているのは

同じブナ科のミズナラの若い枝です。ほとんど丸ボウズですね。

一見、せっかくここまで大きく育ったのに

とうとうアリに襲われちゃって・・・という絵に見えますがさにあらず。

このムラサキシジミの幼虫、好きでアリにたかられています。

アリの方もまた、好き好んでたかっているのです。

ムラサキシジミの幼虫は、

体節の分泌腺からアリが好む甘い液体を出します。

アリはそれが欲しくてたまらないので、

ひっきりなしに幼虫に寄ってきます。

じつは自然界にはアリを嫌う昆虫は意外に多く、

結果的に、アリに常時身辺警護をさせることで、

ムラサキシジミの幼虫は天敵から身を守っている訳です。

大きな捕食者に対してこの方法がどこまで有効かは分かりませんが、

どんなチョウにもいる寄生バチなどの天敵に対しては

有効であるという研究結果が出ています。

なにもこのムラサキシジミに限らず、シジミチョウの仲間には

幼虫時代に何らかの形でアリに頼った生活をする種類が少なくありません。

共通なのは、その際にアリが好む甘い液体を分泌し、

アリを手なずける点です。

甘い汁を分泌するためには、

食べたエサの何割かをその製造に費やさなくてはならないのでしょうけれど、

アリ警備保障と契約する事には

それでもおつりが出るだけのメリットがあるのでしょうね。

興味深い共生関係です。

|

« 狙いはいいが・・・ | トップページ | 池の晩夏2014 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57240038

この記事へのトラックバック一覧です: 身辺警護:

« 狙いはいいが・・・ | トップページ | 池の晩夏2014 »