« 「色の方」が咲いた | トップページ | 青い? »

気になる紅色

以前にも書いた事があるかもしれませんが、

我が家(茨城県南部)の近辺で見られるゲンノショウコの花は

まずほとんどが白花です。

だからうちの家族も、ごく自然にゲンノショウコは白い花だと思っています。

私は県西部に出掛けた時に、うすいピンク色のゲンノショウコを

しばしば目にしました。

普段見慣れたゲンノショウコとは異なり、

「ああ、やっぱりフウロソウの仲間だな〜」と感じたものです。

ところが、調査の仕事などで狭山、多摩、武蔵など関東南西部に出掛けると、

そこにはビックリするような濃い紅色のゲンノショウコが咲いています。

そういえばずっと昔に読んだ本にも、

西日本に紅花のタイプが多いと書いてありました。

今回調査に出掛けた八王子にも、いたるところに

濃い紅色のゲンノショウコが咲いていました。

こちらではこれが標準なのだと知っていても

なんだか目新しさを感じて気になる存在です。

遺伝的に違うのだろうとは思うのですが、

どうしても気になってしまい

実生して我が家で育ててみようと茎を一本持ち帰りました。

ゲンノショウコって生育が進むと匍匐するので、

茎からの発根性に優れた植物なんですよ。

短めに手折った茎からでも葉が出ている付け根を地際に接するように

挿し芽すると、必ずと言っていい程発根して苗がとれます。

まだ9月末ですから、うまくすると新しい蕾が出て

今年のうちに種子が採れるかもしれません。

持病の実生シンドロームが出てしまいました(笑)

 

Gennoshoko_benibana

|

« 「色の方」が咲いた | トップページ | 青い? »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57546055

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる紅色:

« 「色の方」が咲いた | トップページ | 青い? »