« 小町の里も秋 | トップページ | まだカマキリの日(笑) »

カマキリの日

Osu_challenge01

 

今日はカマキリの日でした。

午前中、家の壁のあちこちにカマキリがとまっていて、

家の周りを一周してみたら、外壁だけで7匹いました。

内訳はオオカマキリが4匹、ハラビロカマキリが2匹、コカマキリが1匹です。

エサを探してる風なもの、まったりお休み中のもの、

お互いに接近して睨み合ってる

オオカマキリとハラビロカマキリもいましたよ。

これは多分少し後にどちらかがどちらかのお腹の中に入るんでしょう(笑)

まあたいてい、オオカマキリの勝ちですが・・・

家だけでなく、温室の外に張った遮光ネットにもいました。

上の2匹はどちらもオオカマキリ。

左上がオスで、右下がメスです。

オスはメスと交尾をすべく、上手く接近する方法を模索中です。

 

Osu_challenge02

とりあえず翅を浮かせて腹部を大きく曲げ、メスに見せます。

オオカマキリのオスなりのセックスアピールです。

この大振りな動きにメスが気付き、オスの方を見ました。

 

Osu_challenge03

オスは腹部を交互に左右に曲げ、踊るようにアピールを続けます。

 

Osu_challenge04

オスの求愛ダンスはしっかりとメスの眼中に入っているようです。

ここで間合いを詰めるべくオスがメスににじり寄ろうとすると、

メスがオスの方に向かって僅かに姿勢を変えてきました。

こういう場合、メスの正面に入ると非常に危険!

こりゃヤバいぞ・・・と思った瞬間、

 

Osu_challenge05

わおっ!いきなり飛んだ!!

やりますね!上空通過ならメスの視界に自分を入れたまま

危険回避の位置関係にリセットできます。

しかしこのオスは単なる危険回避以上のことを目論んでいた様です。

 

Osu_challenge06

なんとメスの体の上にダイレクトに着陸!

かなりリスクの高い賭けですが、

一足飛びに交尾姿勢に持って行こうというのです。

しかしこれでは身体の向きが逆。

人間だとこういう趣向の方もおられるようですが(爆)、

カマキリはこれでは交尾できません。

 

Osu_challenge07

すると、翅をぶるっと拡げたままオスが素早く方向転換しました。

この場合翅を拡げることに何の効果があるのかわかりませんが、

メスは目立った動きはしませんでした。

カマキリは威嚇の際によく翅を拡げますが、それとはニュアンスの異なる

サインのようなものなのかも知れません。

 

Osu_challenge08

ともあれこれでめでたしめでたし。

オスの命がけのアタックも咄嗟の機転も結果的に功を奏しました。

しかし、よく見ると5枚目の画像のオスが飛んだ時点から

メスは前脚(カマ)をピタリと揃えて伸ばしていることに気が付きます。

これ、じつはメスが交尾を受け入れる際のポーズ。

こういう言い方は失礼かもしれませんが、このメスは

オスが思っているほど敷居が高くなかったのかも知れません。

あとは、交尾の後に食べられませんように(笑)

|

« 小町の里も秋 | トップページ | まだカマキリの日(笑) »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57786159

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリの日:

« 小町の里も秋 | トップページ | まだカマキリの日(笑) »