« 成虫になったね! | トップページ | 台風18号が来た »

温室の黄色いアリ

Ameirokeari

 

温室の中でカタツムリを飼育するようになって、

時折いろいろなことに気付かされますが、家の中での飼育と違い、

カタツムリを狙う天敵の存在がしばしば浮き彫りになります。

大型のゴミムシやコウガイビルはもともと認識していた天敵ですが、

これ以外にも、わずかな隙間から侵入してカタツムリを襲い、

短時間のうちに見事な貝殻標本にしてしまう連中がいます。

・・・それはアリ。

温室の中には常に数種類が出没しますが、

死んでしまって半分干涸びたようなカタツムリならともかく、

元気に生きている個体に襲いかかって、

数にモノを言わせ、殻以外きれいに平らげるヤツが一種類いるんです。

写真の黄色いアリがそれです。

体長4〜5ミリとアリとしては中型サイズですが、

透き通ったような琥珀色の体がきれいな種類です。

今までよく見もしないで「キイロシリアゲアリあたりかな」なんて

いい加減に思い込んでいたのですが、いよいよ気になって

ちょっと調べてみました。

そしたら黄色いアリんこって、すごくいっぱいいるのですね(笑)

黄色いアリは小さい種類がほとんどなので、

今回調べている種類は黄色いアリとしてはまあ大きな方・・・

でも、絶対これだと言う確証が持てる同定には至りませんでした。

多分・・・多分ですけど、アメイロケアリじゃないかと思います。

(誰か違っていたらご指摘下さいませ・・・笑)

写真写りのせいで名前に付いている「毛」をそれほど感じませんが、

よく見ると確かに体のあちこちに微毛が多いアリです。

この種類が特に肉食性が強いのかどうかはわかりませんが、

こんなことがありました。

数ヶ月前、温室に迷い込んだ小さいハタネズミが一匹、

温室内で死んでいたのですが、

数十分後に見たらハタネズミの全身にこのアリがたかっていて、

スゴい事になっていました。

「うわ〜これは明日には骨格標本ができてるなー:汗」なんて思っていたら

翌朝には骨も残っていませんでした。

なんとなくネズミの輪郭に土がほぐれた感じがありましたが、

まるで痕跡ナシです。

もちろんもはやアリなど1匹もいません。

こっ・・・こえぇ〜っ(笑;)

 

|

« 成虫になったね! | トップページ | 台風18号が来た »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57625716

この記事へのトラックバック一覧です: 温室の黄色いアリ:

« 成虫になったね! | トップページ | 台風18号が来た »