« やっと収穫が軌道に | トップページ | 帰って来たユリカモメ »

繁殖地下見中

秋もすっかり深まって、

日に日に衰える虫たちの活気が何とも寂しい今日この頃です。

そんな中、生き物たちが来年命をつなぐ営みの準備も見られます。

このところ、昼となく夜となく、コココココッ・・・という

アカガエルの小さな鳴き声が聞こえてきます。

そういえば、先月に比べると、

庭のあちこちで随分アカガエルの姿を見かけるようになりました。

池の中でも何匹か見かけました。

アカガエルは、繁殖期以外ではあまり水には入らないカエルなのですが

秋の今頃になると池で見かけることが多いように思います。

ある人から聞いたのですが、

アカガエルは秋のうちに翌年の繁殖に利用する水域の目星をつけておいて、

そこから越冬場所までの道順を逆に辿って繁殖地に姿を現すというのです。

この目で真実を確かめるのは非常に難しいと思うのですが、

この時期になって急に池の周りで見かけるようになるのも、

この説が正しいとすれば妙に納得できる話です。

でも、うちの池のような安定して水のある水域ばかりではないので、

アテがはずれて繁殖できない・・・なんてこともあるのでしょうか。

それとも、湧水があったりして水が補給されるなどの条件を察知して、

「この場所なら繁殖する数ヶ月後にも水はあるはずだ」と判るのでしょうか。

私たちが感じる事が出来ない何等かの情報を

彼等が敏感に感じ取るということは充分に考えられますが、

私たちから見ると不思議だし、面白いことですね。

とりあえず、うちの池と水路は彼等を裏切らない筈です。

 

Akagaeru1410

|

« やっと収穫が軌道に | トップページ | 帰って来たユリカモメ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57699725

この記事へのトラックバック一覧です: 繁殖地下見中:

« やっと収穫が軌道に | トップページ | 帰って来たユリカモメ »