« 雨中の釣り師 | トップページ | あっさり解決 »

池の初冬2014

Ike2014shotou

 

師走を目前に控え、庭の樹々が色付きました。

やはり例年よりもちょっと早めだと思います。

以前はこの季節と言うと空気がカラカラに乾燥し始め、

晩秋頃にしばしば発生する濃霧も少なくなる印象でしたが、

寒さの到来の早さとは対照的に、ここへ来て雨や霧が多くなっています。

我が家は太陽光発電を導入しているので

晴天の日数はいつもなんとなく気にしているのですが、

今年の11月は例年に比べると晴天日数も少なかったように感じます。

庭の小さな生き物たちはもうすっかり姿を消してしまい、寂しいものです。

入れ替わるようにやって来るジョウビタキやツグミ類も

まだあまり頻繁には訪れず、庭のガマズミやムラサキシキブの実は

ヒヨドリが独り占めしています。

庭の数カ所から実生発芽したモミジがだんだん育って来たので

こうして上から見下ろすと、赤い部分がぽつぽつ見えるようになりました。

池の向かって右岸のモミジが赤く目立っていますが、

これも植えたものではなく勝手に生えて来た実生です。

普通のイロハモミジより葉の切れ込みが深いので

イトモミジ系の交雑が考えられますが、

今のところ自力で育っているので存在を容認しています(笑)

ただ、紅葉が緑からいきなり赤に変化するところが残念なんですよね~。

できれば緑→黄色→オレンジ→赤と経由していただきたい(追笑)

左岸の赤はガマズミです。

きれいなのですが、これも残念な事にこれ以上は色付かず、

ここまで来るともう一気に葉を落としてしまいます。

あとは裸ん坊の木に頭を足れた赤い実がついているだけ・・・

それも程なく鳥たちがたいらげます。

今年は朝の冷え込みが最初どーんと強く来ましたが、

このところはそれほどでも無いせいか、池の牛音が低くなっていません。

だから、景色の割にはまだ魚たちが活発に動いています。

とはいえここまで暦が進むと、連日霜が降りるのももうすぐでしょう。

フクジュソウの開花までの3ヶ月ちょっと・・・

ぐっすりと庭が眠りに就く季節です。

|

« 雨中の釣り師 | トップページ | あっさり解決 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58143031

この記事へのトラックバック一覧です: 池の初冬2014:

« 雨中の釣り師 | トップページ | あっさり解決 »