« 園芸種の花色 | トップページ | 発芽率超良! »

一斉落葉が始まった

今日は最高気温がちょい高め。

昨日ほどではないですけどね。

でも、北西の風が吹いています。

北海道の西岸にある低気圧がメチャメチャ発達していて

北国はかなりの暴風に見舞われている様ですね。

970hPaを下回ったとか・・・すごいな。

多分明日からはこのあたりでも気温が下がって来ると思います。

さて、そんな風に吹かれて、庭のクヌギが落葉を始めました。

室内から見ていると、風が吹く度カラカラパラパラと

柄千葉が降るように舞っています。

これもまた、今年は随分早い!

例年だと木枯らし一号が吹いてから見られる現象なんですが・・・

落ち葉がまとまって落ちるということは葉柄にある離層が

機能しているということ・・・これすなはち

木が枝葉にそういう指令を出して、体の水分量を絞り始めた証です。

だから、こうして落ちる葉は、緑色のものでも乾き気味です。

これは燃やしてみると一目瞭然で、夏の緑の葉はバチバチシュウシュウと

湯気と煙を一緒に出して燃えるのに比べ、

たとえ緑でもこうして落葉した葉はパチパチめらめらとあっさり燃えます。

しかし葉っぱが落ちてしまったのでは、

クヌギの樹上に生き残っていたアオマツムシたちも

居場所が無くなってしまうなあ。

クヌギの枝の間に巣を張ったジョロウグモたちも

産卵直前のかき入れ時だと言うのに

落ち葉が網に引っ掛かって迷惑していることでしょう。

いろんな不都合を巻き込みながら、秋が足早に回っています。

 

Kunugi_ochiba1411

|

« 園芸種の花色 | トップページ | 発芽率超良! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/57886098

この記事へのトラックバック一覧です: 一斉落葉が始まった:

« 園芸種の花色 | トップページ | 発芽率超良! »