« 越冬組の日なたぼっこ | トップページ | キブシも準備完了 »

ガマズミ準備完了

前々回、庭の高木の萌芽更新の話を書きましたが、

高木層が伐採によって無くなると、当然その下層にも影響が出ます。

特に顕著なのが下草の種類が変わることで、

今まで半日陰だった時にはあまり侵入して来なかった

ハルジョオンやブタナ、メヒシバなどが旺盛にはびこり、

それまでそこを居場所にしていた

ホタルブクロやチゴユリが勢いを失います。

また、低木たちも、多少の木陰に耐える種類がほとんどですが、

それでも上が暗くなるにつれ徐々に開花や結実の域音が無くなるものですが

伐採で明るくなると開花も結実も非常に良くなります。

写真のガマズミもここ数年は上空をクヌギのヨコ枝に制圧されて

あまり実付きが良くなかったのですが、今年はたくさんの実がなり、

どの枝も実の重さで頭を垂れる程になっています。

ここ数日の冷え込みを受け、

一足先に真っ赤に熟した実に追いつけとばかりに

葉の紅葉も急速に始まりました。

こうして下から煽って見るとオレンジ色ですが、

実際のところ赤いのが葉のおもて、うらはどちらかと言うと黄色っぽくて、

逆光気味に見るとその両者が干渉し合ってオレンジ色になります。

真っ赤な丸い実は鳥たちの大好物。

ガマズミ的にはこれで鳥たちへの準備完了をアピールしていますが

今年はこのガマズミを好むツグミ系の獲りたちの来訪がちょっと

遅れているように思います。

早く来ないと無くなるぞー!と心配したくなるほど、

連日ヒヨドリがついばんでいます。

 

Gamazumi1411

|

« 越冬組の日なたぼっこ | トップページ | キブシも準備完了 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58088251

この記事へのトラックバック一覧です: ガマズミ準備完了:

« 越冬組の日なたぼっこ | トップページ | キブシも準備完了 »