« 伐採その後 | トップページ | ガマズミ準備完了 »

越冬組の日なたぼっこ

今日は良く晴れたけれど朝の冷え込みが強く、

県内の観測点のほとんどの地点で今季最低を記録。

一番冷え込んだ下館では-2.1℃まで下がりました。

さすがにこの季節、昆虫もすっかり姿を消してしまいましたが、

越冬組のちょうちょたちが

ちょっとした日だまりに顔を出すようになってきました。

キタテハ、ルリタテハ、アカタテハ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ・・・

彼等は真冬であっても風が無くて晴れると

しばしば日だまりに顔を出してくれます。

写真は南側の家の外壁にとまったルリタテハ。

枯れ葉の意匠の裏面からは想像し難い

美しい瑠璃色の帯を表面に隠し持っていますが、

日射しで体温を上げる際には、それを惜しげも無く見せてくれます。

でも、照れがあるんだか警戒してるんだか(いや、勿論後者でしょうが)

この時の撮影ではなかなか翅を全開にしてくれませんでした。

冬越しはどんな生き物にも難儀でしょうが、

何とか春まで元気でいて欲しいものです。

 

Ruritateha1411

|

« 伐採その後 | トップページ | ガマズミ準備完了 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58088238

この記事へのトラックバック一覧です: 越冬組の日なたぼっこ:

« 伐採その後 | トップページ | ガマズミ準備完了 »