« 冷え込みました! | トップページ | 一瞬の彩り »

種子の花

Oobagiboushi_sakuka

 

上の画像、何の植物だか判ります?

じつはこれ、オオバギボウシの実が割れて、

中の真っ黒な種子が露出したところです。

ギボウシの仲間は大体同じようなデザインの実をしていて、

葉が枯れて無くなった後でもすくっと経った花茎に並ぶこの実は

冬枯れの山道でもよく目立ちます。

昔昆虫少年だったころから、この実は見ていたのですが、

何の植物かは判りませんでした。

正体を知ったのは高校生の時だったと思います。

中の種子の並びが面白いんですよ。

いかにもユリ科らしいぺらぺらの黒い薄片は、

ブラインドのように微妙にずれながら重なっています。

いずれ風で運ばれる訳ですが、

その時までは案外しっかりとくっ付いていて

少々揺すった位では落ちません。

割れた果皮を花弁に見立てると、

黒い種子はちょうど花粉をたくわえたユリの葯みたい・・・

からっからに乾いた冬の種子の花は

北風に晒されて「その時」をじっと待っているようです。

 

|

« 冷え込みました! | トップページ | 一瞬の彩り »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58248845

この記事へのトラックバック一覧です: 種子の花:

« 冷え込みました! | トップページ | 一瞬の彩り »