« 柚子ママレード作り | トップページ | 脱皮直前 »

柚子ママレード作り2

Yuzumama_nihajime

 

一昼夜水に漬けた柚子の皮、

特有の匂いなんか無くなってしまいそうだと思っていたのですが、

そうでもありませんでした。

さすがにこれだけの量になると、

朝、ボウルがおいてある居間に入っただけで柚子の香りが・・・(笑)

さっそく皮の水を流したところ、かなり黄色い水。

この色が出ているうちは、苦味が残るとの事ですので

さらに何度か水を換えてしばらく様子を見ました。

数時間後に水が黄色くなっていなかったので、

いよいよホーロー鍋で煮始めです。

煮始める時の水は鍋におさまった皮がぎりぎりヒタヒタに浸かる程度。

加熱後に皮から水が出るので、

最初の水をなるべく押さえるのがポイントだと聞きました。

そして、忘れちゃいけないのが種子と果肉の入ったメッシュ袋。

これを忘れると固まってくれませんから大変です。

上の写真が煮始めの様子ですが、ちょっと水の量が多く見えますね。

じつはメッシュ袋を入れたら水かさが上がってしまったのです。

いいんだろうかと思いつつ、加熱を開始しました。

ちなみに熱源は対流式の石油ストーブです。

時間を掛けてコトコト煮る料理にはこれが使いやすいと感じていて、

カレーも煮物もだいたいいつもストーブで作っています。

50分ほど煮て、皮に完全に火が通ったところで

種子のメッシュ袋を取り出して砂糖を投入。

砂糖はいきなり全量入れるのではなく、

4~5回に分けて様子を見ながら、段階的に加えるのがコツだそうです。

果汁も少しずつ加えましたが、果汁は別の用途もあったので

半分しか使いませんでした。

さらに弱火で煮る事40分。

いい感じになって来たので火を止めました。

ここから冷えるに従って、ちゃんとペクチンが働いて固まってくれるかが

ドキドキものでしたけど、ちょっと緩めながらも大丈夫でした。

これで完成、熱がとれたら蒸気消毒したガラス瓶に移します。

色は・・・やっぱりオレンジマーマレードと何ら違いが無くなりました(笑)

でも、香りはちょっと違いますね。柚子特有のソレだ・・・

パンやクラッカーにつけるほか、

これを紅茶に入れるのもなかなかグーなのですよ。

 

Yuzumama_kansei

|

« 柚子ママレード作り | トップページ | 脱皮直前 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58699214

この記事へのトラックバック一覧です: 柚子ママレード作り2:

« 柚子ママレード作り | トップページ | 脱皮直前 »