« 脱皮直前 | トップページ | 下落の恩恵 »

クリオオアブラムシの越冬

初冬になると、庭のコナラやミズナラの樹皮に

写真のような黒いつやつやした粒の集まりを見つける事が出来ます。

気持悪いですか?気持悪いですよねー、これ(笑)

これはクリやコナラに付く大型のアブラムシ、

クリオオアブラムシの越冬卵です。

クリオオアブラムシは晩秋になると木の幹のあまり高くない場所に集まり、

集団で産卵します。

まるで草の種子のような真っ黒な卵は隙間無くびっしりと産みつけられ、

産卵を終えた母虫はその場で幹にしがみついたまま命尽きてしまいます。

初冬の頃にはまだたくさんの母虫の亡骸が卵を守るように付いていますが、

やがて風で飛ばされたりして失われてしまいます。

よく見ると写真にもまだ母虫の亡骸がいくつか写っていますね。

バルーンのように膨らんだ腹部を割ってみると、

見事に空洞になっています。

こうしてクリオオアブラムシの命は今年に受け継がれました。

春に誕生した小さな幼虫は、天敵に見つからないように、大急ぎで

みずみずしい汁を吸える新梢を目指して登ります。

 

Kurioo_ettou

|

« 脱皮直前 | トップページ | 下落の恩恵 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/58699234

この記事へのトラックバック一覧です: クリオオアブラムシの越冬:

« 脱皮直前 | トップページ | 下落の恩恵 »