« すでに蛹でした | トップページ | ワイルドローズ2015 »

ひとつの結論

Tsumuunit_parts

 

さてさて、デッキの上に3つ並んでおりますのは

植木鉢(駄温鉢)と筒状のトリカルネットと100均調達の裏ごし器。

 
Teishoubu

植木鉢の中には焼赤玉土と牡蛎殻、

それとコケの付いた小石(石灰岩含む)が少々入っています。

この3つを組み合わせて、あるものを作ります。

下の写真がその完成形。要するに縦に積み重ねただけなんですけどね(笑)

 

Tsumuunit_setup

 

実はこれ、樹上性カタツムリの飼育容器なのです。

いろいろ試行錯誤して、この形に辿り着きました。

樹上性の強いカタツムリには飼育難度の高いものが多く、

通常のプラケース飼育ではどうしても上手く行かないのです。

樹上性種の難しさをざっくり大別すると2点。

そのうちの1点目が樹上の様な適温適湿、通風を要求する点です。

それを解決すべく考えたのがこの飼育容器という訳。

トリカルネットと裏ごし器の使用は、

通風空間を確保するための対策なんです。

余談ですが樹上種の2点目の難点はエサ。

樹上で手に入る・・・というか、

樹上じゃないと手に入らないものを彼等は食べます。

それは樹という植物体だけでなく、樹上に付着している藻類や菌類です。

彼等のフンを分析するとそれがよく分かるのですが、

飼育の上でその代用品を見つけるのはなかなか難しくて・・・

こちらはまだまだ解決途上なんですよね~。

で、飼育容器に話を戻すと

基本的な3つのパーツのチョイスにはそれなりの理由があります。

植木鉢は、そこに穴があるので上からジャブジャブホースのシャワーや

じょうろで洗い流せる事。樹上種はきれい好きなのですが、

清潔さをキープするためには

上から洗い流すのが最も効果的で手っ取り早いです。

この時細かな汚れを水と一緒に洗い流したい訳です。

ですから底に敷く用土も粒状で、隙間が多いものが好ましいですね。

トリカルネットはまず売価が安い!ホームセンターでロールの切り売りを

してくれるので入手も簡単。さらにハサミで切れるので加工も簡単。

今回は裏ごし器の大きさに合わせて筒状にしていますが、

接合部の加工も写真のようにリベットを打ってとめるほか、

荷造りひもなどで縫う方法もあります。いずれも簡単な加工です。

そして、裏ごし器。これも100均でステンレス製のいいヤツが

簡単に手に入り、あると他の飼育や観察にもいろいろ使えるので

多めにあっても便利な一品。

下のような派生バージョンもできました。

 
Coolvarsion
 

左は通常タイプですが、右は下に水を張った鉢皿があり、

植木鉢も駄温鉢ではなく洋ラン栽培などで使う素焼き鉢です。

これはズバリ暑さ対策用。素焼き鉢はしゅうしゅうと水を吸い上げ、

壁面から蒸散させるので、中の気温が通常版より3~5℃も下がるんです。

これはうちでやっているアツモリソウ栽培の方法にヒントを得たもので、

想像以上に効果がありました。

ただ、繁殖させる場合、鉢皿の高さまで水が浸されますから

これではカタツムリの卵も水浸し。

なので底床土は多めに入れる必要があります。

|

« すでに蛹でした | トップページ | ワイルドローズ2015 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 連日の暑さも今日の雨で一息ついた当地ですが、そちらはいかがでしょうか。
 今回の飼育セット、我が家でも見た目はかなり違いますが、同じような事考えて以前試してみたんですよ~。
水を入れた器に素焼き鉢を敷いた底土をいれて、上にメッシュのプラ素材を円筒形にしたものをセットして飼育してみました。通気と湿度に関しては結構自信?あったんですが・・・。
やっぱり餌がまだ未解決です。クロレラ粉末もあんまり効果なかったです。
フンの分析、藻類とかって知識が無い私でも見たらわかるものでしょうか。また色々ご教示頂けたらと思います。
 ぐりおさん、もしまたチャレンジされるようでしたらお送りしますので、お声をかけてくださいませ。

 

投稿: くわでん | 2015年5月30日 (土) 19時48分

くわでんさん今晩は。
くわでんさんも同じような考え方に辿り着きましたか〜。
説明を聞く限りでは見た目もにたような感じに思えますけどね。
エサは用意できるとしたらやっぱりカビとかキノコなのかな〜・・・
クロレラと似たようなもんですが、ユーグレナとかどうでしょうね。
・・・って高いか(笑)
あ、コウダカシロは毎回少しずつですがワカメ食べましたよ!
遺伝子が記憶している祖先の御馳走!?

魅惑のお誘い有り難うございます。
今、課題だった屋外設置のツムリウムを計画中です。
出来上がって、思惑通りの性能だったらチャレンジしたいなと考えています。

投稿: ぐりお | 2015年5月31日 (日) 23時15分

ツムリウム…ついに実現の運びに!?
ドキドキわくわく♪楽しみにしていますo(^^)o

投稿: くわでん | 2015年6月 1日 (月) 12時55分

くわでんさん、じつはツムリウムは本体の構想はほぼ出来ているのですが、
建てる場所がなかなか決まらなくて・・・(笑)
こうなってはもはや庭も狭いし、水栓の近くで日陰がとりやすくて、
雨が降らなくても最後まで湿っている場所で、
冬場の風当たりがあまり強くなくて・・・なんて考えていると悩んじゃいます。
これじゃ一体いつ計画を実行に移せる事やら・・・なんですけどね。

投稿: ぐりお | 2015年6月 2日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/60171920

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつの結論:

« すでに蛹でした | トップページ | ワイルドローズ2015 »