« 久し振りに登頂 | トップページ | 大きい事はいいことか? »

今年は♯4が繁盛

夜の仕事部屋には窓にぶつかるカブトムシの羽音が今日も響いています。

今月の10日に庭で最初の個体を確認したカブトムシですが、

いよいよ発生のピークを迎えています。

我が家では8本あるクヌギの木に

♯1~♯8までの番号を付けて管理していますが、

毎年決まって一番樹液を出す♯6クヌギが今年は全く樹液を出していません。

かわりに次いで樹液の量が多い♯4クヌギが大繁盛しています。

ただ、♯4クヌギは樹液を出すポイントが地上3メートルあたりなので、

観察にはあまり向いていないんですよね。

長く上を見上げているしかないので、首の後ろが痛くなってしまいます(笑)

掲載のカットは昼過ぎに撮影したもの。

コンデジなのでなかなか思ったように撮れませんでしたが、

中央に真昼の太陽をバックにした、交尾しているカブトムシのペアがいます。

樹液は全部でこの木の4カ所から出ていて、

オス5匹、メス2匹、計7匹のカブトムシが取り付いていました。

ほかにコクワガタ、スズメバチ、カナブンもいる様です。

大きいのでやたらと目立つカブトムシですが

夜になるとこの3倍程度にまで個体数が増え、

これに数匹のノコギリクワガタも加わりガチャガチャバチバチと

激しく争う音が、家の中にいても聞こえて来ます。

じつはこの♯4クヌギの根元にはコクマザサに囲まれた落ち葉プールがあり、

カブトムシはここで発生しています。

ですから♯4クヌギで交尾を終えたメスのカブトムシは

その後根元に降りるとすぐに潜り込んで産卵を開始します。

生まれたたくさんのカブトムシの幼虫は落ち葉プールの落ち葉を食べて

大量の落ち葉を土二還しているんです。

なのでここは他にも増して土の栄養状態がよく、

♯4クヌギは力強く枝葉を伸ばし沢山の樹液を出す事が出来ます。

ここにもぐるぐるまわるストーリーがありました。

 

4kunugi1507

|

« 久し振りに登頂 | トップページ | 大きい事はいいことか? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/60929599

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は♯4が繁盛:

« 久し振りに登頂 | トップページ | 大きい事はいいことか? »