« 今年は♯4が繁盛 | トップページ | 昼下がりのデート »

大きい事はいいことか?

前回に続いて♯4クヌギの話題です。

毎日3回、概ね午前6時前と午前10時頃、そして午後6時前になると、

この場所にハシブトガラスが現れます。おそらくは毎回同じ2個体ほど。

このハシブトガラスの目的は他ならぬカブトムシ・・・

ちょっとしたおやつ(間食)なんです。

カブトムシは元来夜行性が強いのですが、

メスとの交尾のチャンスをうかがい、大抵昼間でも数匹が樹液に来ています。

カラスが狙うのはそんなチャレンジングなカブトムシなのですが、

見ているとやっぱり食べ出がある大型個体から狙われますね。

う~む・・・これって。

戦う昆虫としての戦力は当然からだが大きい方が有利なのでしょうけれど、

こういう事象を見ていると、

カラスが去った後にピコピコ物陰から戻って来る小さなオスにも

一定の分がありますね。

いろんな大きさの個体が生まれて来る事が、

種の生き残りの可能性を広げているような例ではないでしょうか。

 

Hashibutokabutomushi

|

« 今年は♯4が繁盛 | トップページ | 昼下がりのデート »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/60929625

この記事へのトラックバック一覧です: 大きい事はいいことか?:

« 今年は♯4が繁盛 | トップページ | 昼下がりのデート »