« 図鑑が無い!2 | トップページ | 苦手・・・ »

まよいマイマイ

「まよいマイマイ」とは、

私が大好きな「化物語」シリーズ(西尾維新著)のタイトルですが、

今日の話題はモノホンの迷いマイマイ。

数日前、温室の中に1匹のニッポンマイマイを見つけました。

夏の時期解放してある温室内に、

外からカタツムリが迷い込んで来る事はしょっちゅうですが、

このニッポンマイマイは最初に見つけた数日前からずっと、

温室内に設置した「ミニツムリウム(カタツムリ飼育小屋)」の周囲を

うろうろしています。

最初は飼育しているカタツムリにあげている

エサの匂いにつられて来たのかと思っていたのですが、

昨日も今日も頭部にコブ(ズバリ頭瘤(とうりゅう)と言います)を

出しています。

頭瘤のはたらきはまだよく解明されていませんが、

どうやら交尾(交接)相手を探している際に、匂いのような物質を出して

相手をひきつける作用があるらしいと言われています。

ひょっとするとこのニッポンマイマイは、

ミニツムリウムの中のカタツムリたちに向けて

何らかのアピールをしているのかも知れません。

もっとも、ミニツムリウムの中にニッポンマイマイはいません。

ただし、ウラキヤマタカマイマイやトクノシマヤマタカマイマイなど、

数種類のニッポンマイマイの同属は飼育しています。

そういえば、以前この飼育小屋の中でウラキヤマタカマイマイ2匹が

同じ場所で産卵をはじめたところ、アマミヤマタカマイマイも

やってきて一緒に首を突っ込んで産卵を始めたことがありました。

もしかすると近縁種どうしだと

何か行動にはたらきかける共通因子があるのかもしれませんね。

それにしても、いつまでもこんなところでうろうろしていると、

野外でほかのニッポンマイマイと出会って交尾する機会を

ふいにしてしまうかもしれません。

早く外に出ないともうすぐ梅雨があけちゃうぞ~・・・(笑)

 

Nippon_touryu

|

« 図鑑が無い!2 | トップページ | 苦手・・・ »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。夏真っ盛りが突然(?)やってきて、
体がついて行かず、既に夏バテ気味のくわでんですA^^;)
 今日は道ならぬ横恋慕をしかけんとしているニッポンマイマイが主人公なんですね。どこからやって来たんでしょう。
ニッポンマイマイって生体見たことないんです。
コニッポンマイマイとどう違ってるんでしょう。
コニッポンマイマイより少し大きくてもう少し丸っこい感じなんでしょうか。見比べたら、やっぱり印象かなり違うものですか?
いろんなデムのこと、もっと知りたいな・・・と思う今日この頃です。
 ちなみに、我が家ではセトウチマイマイにサンインマイマイが横恋慕してました。
 セトウチマイマイが交尾を始めたところ、同じケージ内でプラスチック板で区切って棲み分けさせていたサンインマイマイが突然激しく感応してしまい・・・。
殻が邪魔でラブラブなセトウチの小部屋に侵入もならず、頭瘤プックリな軟体部を隙間から伸ばせるだけ伸ばして自己アピールしてる姿に、心底申し訳なさを感じたくわでんでした。

投稿: くわでん | 2015年7月11日 (土) 20時05分

くわでんさんこんばんは・・・暑いですね(笑;)
昨日からこちらも突如真夏が到来です。
体が梅雨寒になれていたところなのでついてけません。

ニッポンマイマイを・・・そうですか?意外ですね。
こちらではウスカワやミスジやヒダリマキほどたくさんはいないものの、普通種です。
私はむしろそのコニッポンマイマイをまだ見ていないので、
何とも言えないところです。
今仕事で調査に行っている場所はカドバリニッポンマイマイがいるんですよー。
所変わればマイマイ変わる・・・ですね。

セトウチとサンインのお話興味深く読ませていただきました。
ユーハドラ同士でもやはりあるんですね。
うちのヤマガは、隣同士のヒタチの交尾には反応しませんでした。

投稿: ぐりお | 2015年7月12日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/60690244

この記事へのトラックバック一覧です: まよいマイマイ:

« 図鑑が無い!2 | トップページ | 苦手・・・ »