« 池の潤夏2015 | トップページ | やっぱり水浴が好き »

水路への定時注水

もう8月ですね。

梅雨入りからここまで、あっという間でした。

それにしても今日の暑かった事。

当地では久々の36.5℃を記録しました。

昨日も5℃でしたから、2日連続の猛暑日です。

こう暑いといくらムシムシしていても、水は勢いよく蒸発します。

池からの放水路も池そのものの水位が上がらないので

水は減る一方。上流側半分はとうとう水が無くなり、

湿った底泥があらわになってしまいました。

下流半分はまだ水域が存在するので水路の生き物たちは

そちらに移動してますが、このまま雨が降らないといよいよ危険なので、

夕方に10分程度、井戸の水をホースで注いでいます。

注水を開始してからだいたい3~5分で水路全体に水域が戻り、

冷たい井戸水が下流部に達します。すると面白い現象が・・・

下流部に避難していたイモリたちが、

わらわらとこぞって水路を遡って来るのです。

彼等の様子をよく見ると、

水面が戻った水路の底泥部に勢いよくアタマを突っ込んでいます。

どうやら水が戻ったことで一斉に活動を開始した

底生生物のエラミミズを食べている様です。

画像をクリックして大きく標示すると、イモリの周りに

赤い小さなモヤッとしたものが写っているのが分かるでしょうか。

これがエラミミズです。

エラミミズはイモリがパクついた事で収縮して穴に潜り込みますが、

イモリの口に入った部分はちぎれて食べられます。

しかしエラミミズは再生能力を持っているので、

全体が食べられてしまわない限り、やがて体を復元する事が出来ます。

なんだか上手く出来ていますね。

 

Imori_eramimizu

|

« 池の潤夏2015 | トップページ | やっぱり水浴が好き »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/61110448

この記事へのトラックバック一覧です: 水路への定時注水:

« 池の潤夏2015 | トップページ | やっぱり水浴が好き »