« 9月の樹液 | トップページ | こんな食性も!? »

攪乱要求植物

今年もヤクシソウの開花がスタートしました。

ヤクシソウは多くの昆虫の蜜源であるだけでなく、

私的には何となく気持ちが寂しくなりがちな秋の庭を

黄色で活気づけてくれる重要な役どころ。

しかしここ数年、特に今年はちょっと本数が減ってしまいました。

この植物は人為的に種を播いたり移植管理している訳では無く、

勝手に生えて来たものを抜かないように見守っているだけです。

それでも庭仕事をサボると数が減ってしまうのは

ヤクシソウが攪乱された地表に好んで生える

ややパイオニア性の高い植物だからです。

ですから庭を必死になって形づくっている頃は、

ヤクシソウには天国みたいな環境でした。

やがて庭の植生が安定して来ると

ヤクシソウは以前程どこにでも生えると言う事はなくなり、

庭の木を植えたり穴を掘ったり石をどかしたりと、

表土に何等かの改変をした所に芽生えるようになりました。

しかし昨年から今年のように何かと忙しくて極端に庭仕事が減ってしまうと、

ヤクシソウもまたぐっと数を減らす事になりました。

こういう性質の花は他にもあって、我が家で言うなら

アリアケスミレやケマルバスミレも似たようなところがありますね。

でもスミレ類は体が小さいので、

植木鉢の中にちゃっかり居候する事で世代がつながっています。

わずかな空間でやっと咲いたこの花を見ていると、

なんだか「もっと庭をいじってよ。最近サボりがちじゃない?」

と言われているような気がして来ちゃいます(笑)

 

Yakushisou_kaika

|

« 9月の樹液 | トップページ | こんな食性も!? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62001291

この記事へのトラックバック一覧です: 攪乱要求植物:

« 9月の樹液 | トップページ | こんな食性も!? »