« 実質的水蜘蛛 | トップページ | 陸渦虫 »

豆あらためドブ

前回書いたアオグロハシリグモと同じ場所で見つけた小さな二枚貝。

殻の長辺は6ミリ強といったところ。

別にベビーと言う訳では無く、これでほぼ成貝です。

有機底泥を手ですくって水で洗うと、たくさん出て来ます。

以前からいる事は知っていたのですが、

この部類に付いてはことのほか門外漢だし、

きっとマメシジミの仲間あたりだろうと思いつつ

特に調べたりもしませんでした。

しかしひょっとするとこの存在が、

水質や水環境を指標するようなものではないかと気になって

ちょい調べてみました。

そしたらこれ、マメシジミではなくドブシジミという貝のようです。

この場所は水が流れる場所ですが、

ドブシジミはマメシジミと違い、より止水に近い環境に多く、

ある程度溶存酸素量が少なくても生きてゆける種類みたいです。

類縁的にはシジミやマメシジミよりも

海にすむマルスダレガイに近い分類だそうで。

それにしても、ちっこくてかわいい・・・

で、ひょいひょいとよく動くんですよ。

うちの池の放水路に入れたら増えるかなあ・・・

数がいれば水質浄化に一役買ってくれるかもしれませんね。

 

Dobusijimi

|

« 実質的水蜘蛛 | トップページ | 陸渦虫 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 今日はとっても可愛らしい貝が登場してますね。
名前はあんまり可愛くないですけど・・・A^^;)
昔どぶにいた糸ミミズみたいな存在なんでしょうか。

投稿: くわでん | 2015年9月 5日 (土) 16時37分

くわでんさんこんばんは!
う〜ん、名前がね・・・でも実物は見てくれも
ぴょこぴょこという動きも本当に可愛いんですよ。
イトミミズよりはちょっと良い水質・水環境の生き物でしょうかね。
他の二枚貝と違って、酸素不足にも割合強そうです。

投稿: ぐりお | 2015年9月11日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/61446914

この記事へのトラックバック一覧です: 豆あらためドブ:

« 実質的水蜘蛛 | トップページ | 陸渦虫 »