« 県内被害甚大 | トップページ | ちびやも »

クモも北上

Suzumugumo_su

 

昨日、玄関前のウラジロモミの周囲にたくさん住み着いている

ジョロウグモの成長具合を観察していた時です。

たった1匹だけ妙に大きく、変わった網を張っている個体に気付きました。

笠型の大きなドームが空中に浮かんでいるようなその網の、

内側の頂上部分に、ぶら下がる形でクモが静止しています(上の画像)。

 

Suzumigumo1509_2
 

おやあ・・・これはジョロウグモじゃないぞ!

網の主をあらためて良く見ると、とても美しいクモでした。

この形、この色、画像的には見覚えがあるのですが

どうにも名前が出て来ない・・・

クモの図鑑をめくってみると、すぐに答えが見つかりました。

スズミグモ・・・ずっと以前に幼体を西表島で見たことがありました。

図鑑で成体の写真を見て、いつか会いたいと思っていたクモでしたが、

当時の文献では岐阜、三重のあたりが分布の東端とのことで、

私が普段動き回っている範囲で見つけるのはちょっと難しそうでした。

ところがやがて静岡県内で目撃例が頻発するようになり、

数年前には神奈川、東京では定着したような情報も入って来ました。

ヨコヅナサシガメやナガサキアゲハ、最近だとアカボシゴマダラが

そうであるように、こりゃあこのスズミグモも

遠からぬうちに当地に辿り着くのでは・・・なんて考えていた事、

すっかり忘れていました。茨城県まで到達していたんですね~。

しかも、そのクモに今こうして庭先で会えるとは・・・感無量であります。

下にアップのカットを掲載しました。クモが苦手な方にはごめんなさい。

それにしても、派手なクモですよねー・・・

腹部は白地に赤と深緑の模様があり、

ポイントで黒のアクセントが入っています。

色合いには個体差があって、緑色の面積がもっと広いものや

赤い部分が発達しているもの、白地が多いものなど様々です。

第4歩脚の腿節が真っ赤なのも目立ちますね。

体長は図鑑等のスペックより少し大きく、27ミリ程でした。(脚含まず)

ここまで大きく育っているメスなので、近くにオスがいるかもしれません。

今後、注意深く探してみる事にします。

でも、クモって大きく育つと良い割合で

ヒヨドリに食べられちゃうんですよね。

喰われるなよ~!!

 

Suzumigumo1509_1

|

« 県内被害甚大 | トップページ | ちびやも »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/61594121

この記事へのトラックバック一覧です: クモも北上:

« 県内被害甚大 | トップページ | ちびやも »