« 野山で食うべし | トップページ | ともに健在 »

秋を越える

庭のチョウたちもだいぶ数を減らしました。

あんなにひらひらしていたツマグロヒョウモンも

もう1~2匹が日溜まりで弱々しく飛んでいる程度です。

一昨日庭のチョウを調べてみたのですが、

ツマグロヒョウモン以外には見つかったのは

キタキチョウ、ヒメアカタテハ、キタテハ、ムラサキシジミ、

ウラギンシジミ・・・これらはみな、成虫で越冬するチョウたちです。

写真はウラギンシジミ。

名前の通り、翅の裏面が白銀色をしているのが特徴ですが、

ちらりとのぞいた翅のおもて面にも白い紋がありますね。これだとメス。

オスはこの紋が赤橙色をしています。

庭では結構な個体数が飛び回っていますが、

このチョウにとって差し当たっての目標は秋を無事に越える事。

越冬は確かに一大事業ですが、

それも無事に秋を過ごし、冬に辿り着けたらの話です。

低温に強いこのチョウは、気温が少々低くても

チラチラと樹々の間を飛び回りますが、

見ているといい確率でジョロウグモの巣に引っ掛かっています。

秋が深まると天敵も徐々に減るとは言え、油断は禁物。

また、私はこれまでこのチョウが

花や樹液を訪れているのを見たことがありません。

湿った地面から吸水しているのは見た事があるのですが、

このチョウはほとんど羽化した時に持ち合わせているエネルギーだけで

成虫期を過ごしているように見えます。なのに、

これから春まで越冬する体でそんなに飛び回って大丈夫なのか?

もう少しゆっくり過ごせばいいのに・・・

なんて、余計なお世話でしょうけどね(笑)

 

Uragin_mesu1510

|

« 野山で食うべし | トップページ | ともに健在 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62466077

この記事へのトラックバック一覧です: 秋を越える:

« 野山で食うべし | トップページ | ともに健在 »