« ともに健在 | トップページ | 池の露秋2015 »

決算間近のジョロウグモ

一匹のホソハリカメムシが、樹間の低空を移動中に

ジョロウグモの巣に引っ掛かってしまいました。

ホソハリカメムシにとってはこの上ない不運ですが、

一方のジョロウグモは産卵を間近に控え、少しでも栄養をつけたいところ。

人?生の総決算とも言える産卵に向け、ラストスパートです。

写真の個体はここまで順調だったようで、サイズもなかなかのもの。

成熟して尾端の赤斑も発達し、腹部そのものも沢山の卵でパンパンです。

秋が深まり昆虫たちが激減する中、手頃な獲物を手に入れラッキーでした。

しかし、これ位成熟したジョロウグモは鳥によく狙われます。

順調に大きくなった個体程、鳥にとっては美味しい御馳走。

アンラッキーも背中合わせに存在しているのです。

いつも言う事ですが、やっぱり楽な生き物なんていないですよね。

 

Jorou_hosohari

|

« ともに健在 | トップページ | 池の露秋2015 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62469773

この記事へのトラックバック一覧です: 決算間近のジョロウグモ:

« ともに健在 | トップページ | 池の露秋2015 »