« 秋を越える | トップページ | 決算間近のジョロウグモ »

ともに健在

この時期の庭の野草と言えば、

もうツリフネソウにノコンギクぐらいなんですが、

木陰の一角にもう一つ、コウヤボウキが咲いているのでした。

ここ数年ちゃんと見ていなくて申し訳ない次第ですが、

沢山の花を咲かせて健在でした。

そしてこの花が大好きな旬の昆虫、超ヘンテコ虫の

ヒメクチナガガガンボが、今年も登場しました。こちらも健在。

発生ピーク時だと1輪のコウヤボウキに5~6匹付いている事も

珍しくないのですが、今日は2匹だけでした。

この昆虫が成虫でない時、どこでどうやって過ごしているのか

全く知らないのですが、個体数が少なくないので

きっと近隣で発生しているのだと思います。

ひょっとしたら庭のどこかかもしれません。

池や水路の泥底でしょうか?湿った朽ち木のようなところでしょうか?

毎年この時期にしか見かけませんが、私生活を知りたいものです。

それにしてもユーモラスなう姿と動き・・・

胴体のオレンジ色もなかなかきれいです。

 

Himekuchinaga1510_2

|

« 秋を越える | トップページ | 決算間近のジョロウグモ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62469763

この記事へのトラックバック一覧です: ともに健在:

« 秋を越える | トップページ | 決算間近のジョロウグモ »