« 青鬼発見 | トップページ | 秋のヌサオニグモ »

181輪

今年も原種シクラメンの

シクラメン・ヘデリフォリウム(C.hederifolium)が満開を迎えました。

長年栽培している大株なのですが、

この種は葉より花茎が先行するので満開時にはまだほとんど葉が出ておらず、

ボウル鉢から花ばかりが立ち上がっているという、ちょい奇妙な咲き方です。

花の数は一昨年が179、去年が157、

そして今年はここまで164輪咲いていますが、

現段階で確実に咲きそうな蕾が17ありますから、合計すると181輪です。

ちょっとずつ増えていますが、これがどこまで伸びるか・・・

根茎は直径が18センチほどの円盤状で、細かくひび割れた黒っぽい姿は

なんだかオランウータンの顔みたいです(笑)

ひょっとするとそろそろいくつかに割った方がいいのかもしれないのですが、

見事に円盤状なのでこれを割っていいものかどうか、悩んでしまいます。

まあ、実生もいくつか出ているので、

無理に割らずに実生を育てる方が気楽かもしれませんね。

 

Chederifolium2015

|

« 青鬼発見 | トップページ | 秋のヌサオニグモ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62587440

この記事へのトラックバック一覧です: 181輪:

« 青鬼発見 | トップページ | 秋のヌサオニグモ »