« 枯れ葉忍者 | トップページ | 撮影リベンジ »

コピックで描いてみる

Copicasobi

 

寒いですねー。底冷え感がハンパ無いです。

お昼前なんか、雨に混じって個体っぽいのも降ってるし・・・(笑;)

今日は久し振りに午後からぽっかり時間が空いたので、

マーカーでイラストを描いて遊んでます。

皆さんコピックというマーカーをご存知ですか?

Too(いづみや)のオリジナル商品のアルコールマーカーなんですが、

とても歴史のあるマーカーです。

私は学校で設計系のデザインをやっていたので、

その頃は結構使っていました。懐かしいなあ・・・

しかし、設計図の着彩やスケッチパースを描く時に使う程度だったので

そちらの世界から離れて以降は、とんとご縁が無くなりました。

ところが、最近イラストの着彩アイテムとして人気で、

メーカーもそちらの用途を強く意識した商品開発にシフトしていると知り、

こいつは面白そうだとちょっと試しています。

アルコールマーカーというと、いわゆるマジックインキみたいに

ズバッと太線を引いたり面を塗りつぶしたりというイメージがありますが

このコピックマーカーは重ね塗りやぼかし混色が可能で、

同じ色でトーンを付ける事は勿論、違う色との組み合わせ塗りで

かなり多彩な表現が可能になります。

試しに描いてみたのが趣味の「妖精画」。(いやいや、笑っちゃイカンよ)

ベニシジミの翅を持ったチビ妖精さんを、

かなりサブカル寄りのタッチで描いています。

まあ、まだお試し段階なので見せるのも憚られるようなヘタ塗りなんですが

それでもベニシジミの翅にご注目。

混色や重ね塗りで、このぐらいの表現は可能なんですよ。

正直驚きました。ちょっと水彩みたいな印象になってるでしょう。

でも、色を作ったり筆を洗ったりしないので、

水彩に比べるとあまり時間が掛かりません。

これはなかなか使い勝手が良いものですね。

ちなみにこの妖精さんが持ってるのはマイクじゃないですよ。

別にシャウトしてる訳じゃないです(笑)

これは綿毛なしの状態のタンポポ。

綿毛は青空のバックを引いてからホワイトで上描きします。

服、髪、瞳の色はいくつかやってみて良さげな組み合わせで・・・

出来上がったらまたアップする・・・かも知れません。

 

|

« 枯れ葉忍者 | トップページ | 撮影リベンジ »

MY WORKS」カテゴリの記事

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

あまりにも可愛らしいお嬢ちゃんのイラストだったので、別のブログに飛んでしまったのかと疑いました(笑)。
でも、ベニシジミの羽のリアルさで、やっぱり先生だと安心しました。

いろんな才能をお持ちで、いいですね。
ベニシジミちゃん以外の妖精ちゃんも、見せてくださいませ。

ところで、先生のお宅の洗濯物にハチはまぎれ込みませんか?
この季節だけなんですが、外に干しておくと止まっているらしいんです。
もちろん(?)気づかず室内へ。
たたむ段になると大騒ぎ!

我が家だけ?なぜ?対処法は?追い出す方法は?など質問がたくさんあります。

何か妙法がありましたら、伝授してくださいませ。

洗濯ピンチから外すのと、たたむのは子供たちの仕事なので、彼らに気持ちよく働いてもらわねば(笑)。

投稿: マリ | 2015年12月 1日 (火) 06時43分

マリさんこんにちは!
じつは妖精画や妖怪画は大好きで、暇があれば自分でも時々描いています。
子どもの頃に「ハイクラウン」チョコに入っていたカードの
シシリー・メアリー・バーカーが描いた
チョウのはねを持つ妖精を見たときはとても心奪われました。
水木しげる先生と並ぶ私の「こころのお師匠様」です。

ところで洗濯物のハチ、さすがにもうくっついていないでしょ?
これからの季節はハチよりハナアブやヒラタアブがくっ付いてる事が多いですよ。
ハチがくっ付くのは新女王が旅立って、越冬場所を探す時期までですから
今の時期にいるのはハナアブかヒラタアブの仲間じゃないかなと思います。
ひょっとするとマリさんが見てるヤツも・・・
一瞬ハチっぽく見えますが、よく見ると翅が二枚で顔がハエ系ですよ。
一応確認してみて下さい。

気温が低い季節に動く昆虫たちは、輻射熱を効率よく利用します。
だから洗濯物や干してあるふとんなんかは、日なたボッコに格好なんでしょう。
洗濯物を取り込むのは何時頃でしょうか?
おそらくピーク時よりは気温が下がっている時間帯でしょう。そうだとしたら、
彼等は動きが鈍くなっていて、簡単に噛んだり刺したりしません。
でも手で触るのはコワいと思うので、ハンガーか服用ブラシ、ふとんたたきなどで
サッと払い落とせばいいと思います。
厄介なのは気温の低下を感じてシャツ等の内側に潜りんだ場合ですね。
こればっかりは、取り込む際に注意するしかありません。
アクシデントを楽しんで笑い飛ばしましょうwww
でも、今頃なら多分ハチじゃないと思うんだけどな〜・・・

投稿: ぐりお | 2015年12月 4日 (金) 11時33分

ぐりお先生、こんにちは。

おっしゃる通り、ハチではありませんでした。
今年最大の誤認です(恥)。

先生からコメントいただいて、それでは一体何だったのか、真実は来秋までお預けかなと思ったんですが、知りたいという願いが通じたのか、洗濯物に付いてきてくれました!

私が見て、画像検索したところ、「ツマグロキンバエ」のようでした。

来年からは、ブンブン飛んでいて、お腹がシマシマで、お尻が尖っているだけで、「ハチだ~!」と叫ばぬようにしたいです。

シシリー・メアリー・バーカーさんって、お名前では判りませんでしたが、チョコの中に入っていたカードの妖精さんで、判りました。懐かしい。

あのチョコ、我が家では高級品だったので食べさせてもらえなかったです。
でも、当時住んでいたお隣に、パチンコがお好きで上手なおじさんがいたんです。
その人からよく景品のチョコをいただいたのを思い出しました。
カードも集めていましたよ。愛らしいものでしたよね。

つい、見えるものだけを信じてしまいますが、目で認識できないからこの世に存在しないわけではないですよね。

数年前に家のリフォームをしたときに仮住まいを探しました。
ご近所さんに伺ったところ、あそこは「出る」だの、あそこには「いる」だのと、怪?情報を教えてもらいました。

身近に出たりいたりするなんて、ちょっと嬉しかったです。
そして、目で見えないものを信じているご近所さんもいい人達だなあと思いました。

もう師走ですね。少し早いですが、よいお年をお迎えください。

来年も、先生にたくさんの出会いが訪れますように、お祈りしています。

投稿: マリ | 2015年12月 7日 (月) 21時44分

マリさんこんばんは。
やっぱりハチではなかったですか。あ、でもごめんなさい。
その後、真冬でも洗濯物に付くハチがいる事を思い出しました。
ミツバチです。彼等は冬の間も時折活動が見られ、洗濯物や壁に止まることがあります。
刺されると毒性は弱いのですが、針が皮膚に残るので要注意です。

ハイクラウンチョコは、確かに高級感ありましたね。
うちでは父がパチンコで時々とってきましたよ。
妖精の後のシリーズで、ヨーロッパの古城かなにかの写真ものがあり、
それを集めて有名ホテルのノベルティのレターセットをもらったことがありました。
う〜ん懐かしい・・・

ご近所の怪かし情報、良いお話ですね。
こうした目に見えないものへの恐怖や畏敬だったり
自分の行動や考えへの戒めだったりというのは、
案外数学的なものかもしれないと思うことがあります。
人間なりに自然の法則を式や記号にしているようなものかな・・と。

それにしても気付けば師走、本当に早いですね。
でも、夕陽が一番短い(16:23)のは今日が最後、
明日はたった1分ですが遅くなります。
冬来たりなば春と遠からじ・・・寒さはいよいよ本番ですが
マリさんも健康で良いお年をお迎え下さい。

投稿: ぐりお | 2015年12月 9日 (水) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62676471

この記事へのトラックバック一覧です: コピックで描いてみる:

« 枯れ葉忍者 | トップページ | 撮影リベンジ »