« 181輪 | トップページ | えのころ空穂 »

秋のヌサオニグモ

前回紹介したシクラメン・ヘデリフォリウムの撮影をしている時、

花と花の間に糸を掛けてスリスリ動いている小さなクモを見つけました。

よお~く見てみるとヌサオニグモの幼体。

体長はまだ2.5~3ミリ程です。

ヌサオニグモの幼体は4月の下旬頃によく見かけ、

初夏には成体も数多く見かけます。

だから私の印象としては、ヌサオニグモは春から初夏のクモ。

初冬の今頃目にしたのは初めてです。

きっとこのまま具合の良い隙間に身を隠し、冬を越すのでしょう。

うちの庭での個体数は少なくないクモなので、

よく探せば他にも何個体も見つかるのかもしれません。

 

Nusaonihederi1511

|

« 181輪 | トップページ | えのころ空穂 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62587454

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のヌサオニグモ:

« 181輪 | トップページ | えのころ空穂 »