« 人生いつしか向かい風 | トップページ | 越冬ツバメ »

どこの狐のお孫さんか

Kitsunenomago_sp_up

 

この花、確か以前にも一度このブログにアップしたような気がするのですが、

何年前だったかな・・・

その時にも名前がわからないままの紹介だったのですが、

結局今もって正体不明です。

温室内のしかも地面ではなく必ず鉢植えの表土から出て来て、

一年ほど育つと花を咲かせ始めます。

花の時期は不定期ですが、特に秋から初冬に掛けてよく咲くようです。

温室の中にだけ見られるのですから、熱帯由来のものなのでしょう。

花の大きさは大体野生のスミレ類と同じ位です。

花のプロポーションも一見するとスミレ風ですが、

細部に注意すると全く異なっていて、

個人的にはおそらくキツネノマゴ科ではないかと考えています。

おおむね観葉植物や蘭の苗を購入した時に紛れ込んだのでしょう。

流通の経路から侵入して来たものなら、

きっと他でも出ているのではないかと

随分ググってみたのですが、それらしい情報は見当たりませんでした。

キツネノマゴ科ではないのかな・・・

かわいい花なので、嫌いじゃないです。

しかしこぼれ種からたくさん出て来るようなので要注意です(笑)

 

Kitsunenomago_sp_2

 

|

« 人生いつしか向かい風 | トップページ | 越冬ツバメ »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

ぐりお先生、こんにちは。

もう、年越しのご挨拶を差し上げてしまったし、
私の師匠に生き物の名前を申し上げるなんて、
身の程知らずだとは重々承知しておりますが、
グーグルで「キツネノマゴ科」で「画像」を押したら、
「プセウデランテマム・バリアビレ」という名前が
出てきましたのでご報告いたします。

さすが先生、ドンピシャですね。(古語?)

投稿: マリ | 2015年12月11日 (金) 17時08分

ウオオオオオオ〜〜〜〜〜ッすごい!さっすがマリさん大ビンゴ〜!!
ちょっと早めのクリスマスプレゼントというか、
長きに渡る便秘が解消した感じというか(ひどい例えですね。お食事中の方ごめんなさい)
あ〜っ、もう非常に嬉しく爽快であります。有り難うございました!

>グーグルで「キツネノマゴ科」で「画像」を押したら・・・

そういうとても素直な探し方があるんですね(笑+ひざぽん)
私はまずキツネノマゴ科で商業流通しそうな原種の属名は・・・とか
そんな探し方をしていたのですが、なかなか行き当たりませんでした。
気を利かせてちょっとでも近い立ち位置から探しているつもりで
じつは全く気が利いてなかったという訳です。反省・・・

プセウデランテマム・バリアビレ(Pseuderanthemum variabile)!
忘れません。この名前は自分のものにしました。
これで明日からちゃんと名前で呼んであげられます。感謝!

投稿: ぐりお | 2015年12月11日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62901298

この記事へのトラックバック一覧です: どこの狐のお孫さんか:

« 人生いつしか向かい風 | トップページ | 越冬ツバメ »