« 池の初冬2015 | トップページ | 人生いつしか向かい風 »

合掌

Neko151201

 

師走を迎えましたね。

あともう少しで新しい年を迎えようというここへ来て

とてもとても残念なニュース。

子どもの頃からずっとずっと大好きだった、尊敬する漫画家、

水木しげる先生が先日逝去されました。

もう本当にがっくりで言葉がありません。

93歳というお年を考えれば大往生ですが、

もっと描き続けて欲しかったという思いがどうしても拭いきれません。

妖怪にしても、戦争体験にしても、

現代を生きる私たちがいつの間にか鈍感になっているテーマだと思うのです。

特に妖怪とか妖精というのは、

私たちと自然界の見えなくなっている関係性を可視化する

ミッシングリンクのような存在に思えます。

水木先生の足元にも及びませんが、

私もこれから妖精や妖怪を確かにそこにいるものとして

描いて行きたいと思っていた矢先・・・なんだか皮肉な気がします。

それにしても最後まで現役であった事、素晴らしいと思います。

これまでの作品への感謝と哀悼の気持ちをこめて、

猫娘さんと一緒に水木先生のご冥福をお祈り申し上げます・・・合掌。

|

« 池の初冬2015 | トップページ | 人生いつしか向かい風 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/62807243

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌:

« 池の初冬2015 | トップページ | 人生いつしか向かい風 »