« ゆずは今年も豊作 | トップページ | 今年最後のお出かけ »

秘密のごちポイント

庭の一角で落ち葉をガサガサあさっていたシロハラくん。

こちらの撮影の気配に気付いて、一瞬振り向きました。

シロハラはなかなか区別ポイントが無いので、個体識別は難しいのですが

この位置にまっすぐやって来てエノキの根元の落ち葉をひっくり返すのは

お馴染みの行動パターンです。

多分、同じ個体なんじゃないかと思っています。

このシロハラがいる場所のエノキは、

それ程大きい木ではないのですが、毎年必ずゴマダラチョウが産卵します。

夏生まれの幼虫は秋までに一定の大きさに成長し、

エノキが落葉する事には根元の落ち葉にくっ付いて越冬します。

シロハラはその事をちゃんと知っていて、幼虫を狙って現れるのです。

シロハラはほぼ毎日姿を見せますが、

いつもゴマダラチョウの幼虫が見つかるという訳ではないようで、

春になると難を逃れた数匹のゴマダラチョウの幼虫が

エノキの若葉に見られます。

しかし、シロハラのこの行動は相当の捕食圧になっているでしょうね。

ツグミも同じような事をやりますが、シロハラやツグミが個体ごとに

こうしたごちポイントを持っているのだとしたら、

ゴマダラチョウや同様の越冬形体をとるオオムラサキには大変な脅威です。

外来のアカボシゴマダラだけを選択的に食べてくれれば

上手い具合に行くのですけどね・・・(笑)

 

Shirohara1512

 

|

« ゆずは今年も豊作 | トップページ | 今年最後のお出かけ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/63338671

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密のごちポイント:

« ゆずは今年も豊作 | トップページ | 今年最後のお出かけ »