« 柚子ママ加工開始 | トップページ | 今日は大寒 »

しばしば潜水!

 
Misuji_sensui
 

最近ちょっと驚いてる事があるのですが、

じつは・・・カタツムリが時々陸貝やめるんです!

自らスーッと水中に潜り、散歩するように水槽の底を這うんですよ。

決して落ちてしまったりとかではなく、自らの意思で入って行くんです。

水際までやって来て殻を水に浸けて冷やしたり、

シャワーパイプからブロックの上に水が流れる場所で水浴びしたり・・・

みたいな事は今の飼育環境にしてからしばしば見られ、

このブログでも報告していた次第なのですが、

いよいよエスカレートして来ました。

もうこのままだと数世代あとには、

タニシみたいな水中生活を始めるんじゃないかと思ってしまいます(笑)

上の画像は水中散歩を楽しむ?ミスジマイマイ。

見た目には潜るぞっ!みたいな緊張感は全く無くて、の~んびりしてます。

この時は15分以上潜ったままでしたよ。結構長い!ビックリでしょ。

下はアマノヤマタカマイマイの幼貝の潜水シーン。

くっ付いている大きな殻は殻だけ浸けて水浴び中のヤマガマイマイ。

アマノヤマタカの幼貝は左側のブロックから水中に入り、

体を伸ばしてヤマガマイマイの殻に移動しました。

この後ぐるっと半周して水上に出て、

何事も無かったかの様にガラス面を登って行きました。

この間水中にいたのはほぼ3分ほどです。

潜水をする種類は確認している範囲で

ミスジマイマイ、オナジマイマイ、ウラキヤマタカマイマイ、

アマミヤマタカマイマイ、アマノヤマタカマイマイ、

オキナワヤマタカマイマイ、コベソマイマイの7種類。

これ以外の種類も、私が目撃していないというだけで

潜っているのかもしれません。

水の濾過能力は比較的高いはずの水循環セッティングですが、

やはり水替え直後の新鮮な水の時に多く見られるような気がします。

それと、彼等は水中では大触角を途中までしか伸ばさず、

決して眼を露出させません。それは嫌みたいです。

眼を保護したいのか、刺激を感じるのか、水圧が苦手なのか分かりませんが

眼は大事にしまってあります。面白い・・・

もしかしたらもともと水滴みたいな単純なレンズ構造なので

水中では周囲の水と一体化して役に立たなくなるのかもしれませんね。

 

Amano_sensui

 

|

« 柚子ママ加工開始 | トップページ | 今日は大寒 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/63572518

この記事へのトラックバック一覧です: しばしば潜水!:

« 柚子ママ加工開始 | トップページ | 今日は大寒 »