« 城ノ内のヒキガエル | トップページ | うなぎやさんへ »

サクランボの花

しょぼい写真ですみません。寂しいですが一応桜です(笑)

我が家の実が成る(はずの)桜「阿波乙女」の花なんです。

今年は思いっきり変な咲き方だったので思わず記事にしました。

この「阿波乙女」は、例年ソメイヨシノと前後して開花します。

ところが今年はどういう訳か3月中旬から咲き始めました。

しかも、例年だと葉が少し出るのと同時に開花するので、

咲き方としてはソメイヨシノよりヤマザクラに近い雰囲気なのですが

今年はまだ葉は全然動いておらず、

ウメやソメイヨシノのように花だけが先行しています。

しかも花数が少ないので、なんだかジュウガツザクラみたいです。

これが本来の咲き方なのでしょうか。

この桜、毎年ちょぼちょぼ開花してはそのうちの僅かな花が結実し、

たった数粒ではあるけれど、まん丸く膨らんだ実に

つやのある赤味がさして明日あたり食べられそう・・・と思うと

やはり狙いをつけていたヒヨドリに持って行かれる・・・を繰り返していて、

私も家族も食べた記憶がまったく無いんです・・・(泣)

今年は、この変化は、ちょっと多い結実をもたらすのか、

多分美味しいであろう阿波乙女のさくらんぼは我々の口に入るのか・・・

家族一同、ヒヨドリを見る目が厳しくなっています(笑)

 

Awaotome1603

|

« 城ノ内のヒキガエル | トップページ | うなぎやさんへ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/64846533

この記事へのトラックバック一覧です: サクランボの花:

« 城ノ内のヒキガエル | トップページ | うなぎやさんへ »