« 仏心でつい手が出た | トップページ | 葉幅と花色の関係? »

/池の薫春2016

Ike2016kunshun

 

月例の定点撮影ですが、失敗して左上にサッシ枠が写ってしまいました(笑)

画面下部ギリギリで見辛いのですが、先月から池の堤体の架け替え工事中。

単純に天板だけ交換するつもりだったのですが、

じつは堤体全体が北側(画面の左方向)に不等沈下していることが判明。

原因はもちろん5年前の3.11です。

あらためて計測してみると、

作った時には水平だった堤体が、北側だけ57ミリも下がっていました。

堤体の長さは5.2メートルあるので、

まあ一見すると気付くかどうか・・・という程度の傾きなのですが、

気持悪いので天板だけでも水平に取り付けようと思っています。

具体的には、6カ所のボルト位置に、

高さを修正する下駄を履かせるしかないですね。

見ての通り、今日(4月末)時点で池には

コウホネ、スイレン、ジュンサイと3種類の植物が浮葉を浮かべています。

例年に無く今年は早いです。

もちろん木々の新緑も目覚ましい勢いで展開し、

緑色が一番美しい時期を迎えました。

木々の下には落ち葉かきの結果、

数年振りにいろんな植物の実生が登場しました。

特に眠っていたタチツボスミレの実生がとても多いです。

この植物にとって、落ち葉かきの恩恵が非常に大きい事が分かりました。

その他にもいくつかビックリするような植物の事象を見ましたが、

それはまた追々記事にしたいと思います。

池の中ではヘイケボタルの幼虫が光り始めました。

これが見られると上陸間近。5月上旬には蛹になって、

下旬頃から成虫が光り始めると思います。

気付けばもう初夏ですね。昆虫の季節が始まります。

 

|

« 仏心でつい手が出た | トップページ | 葉幅と花色の関係? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65307864

この記事へのトラックバック一覧です: /池の薫春2016:

« 仏心でつい手が出た | トップページ | 葉幅と花色の関係? »