« 素焼鉢のスリット加工 | トップページ | 失敗ルージュ »

Kの植え替え5

Kovachii160424_1

 

2年振りにこのタイトルの記事を書きます。

ちなみに前回(Kの植え替え4)は2014年の4月1日でした。

毎度ながら我が家のKとは南米ペルーに産する原種洋ラン、

フラグミペディウム・コバチィ(Phragmipedium kovachii)の事。

暑がりで寒がりでアルカリ性好みで・・・となかなか難度の高い種類です。

もう酷暑を幾度も耐え抜いている丈夫な株ですが、

それゆえ「これホントにフラグミペディウム・コバチィなのか?!」と

疑問符が付いている株でもあります(笑)

上の写真が現在の状態。

下にメジャーを入れてありますが、葉がだらんと垂れているので

あまり目安になりませんね。

自然な感じで伸ばして測るとリーフスパンは67センチでした。

現状では6号鉢に植えてあるのですが、いっぱいいっぱいではないものの、

水をやったり肥料を置いたりするには少々窮屈。

そこでひと回り大きい7号の素焼鉢が必要だった訳です。

前回の植え替え時にコンポストをクリプトモスベースから

礫ベースに変更したのですが、どうもクリプトモスベースの方が

根が伸びやかなような気がしているので、

今回はまたクリプトモスベースに戻す予定です。

・・・と思ってまずは鉢から株を取り出して根の状態を確認したのですが、

思いのほか根の張りは悪くありませんでした。(下の写真)

「あっれ~?礫も悪くないかも・・・」と一瞬気持ちが揺らいだのですが、

以前クリプトモスベースで成績が良かったイメージを思い直し、

予定通りに進める事に・・・

 
Kovachii160424_3
 

ということで植え替え完了。

う~ん、鉢がデカイ(笑)

6号と7号の間にはなかなか大きな壁がありますね。

もうこれ以上は大きくすまい。あとは株分けで対処。

今回も分けようと思えば分けられるのですけど、

なんかコワくてね~(追笑)

過去に一度3つに株分けしてお二人の同好の方に差し上げたのですが、

ご両人とも割とすぐ駄目になってしまったようで、

やたらと人にあげられるモノでも無さそうです。

とりあえず、そろそろ咲いて欲しいところなのですが、

開花サイズにはあと一歩届いていません。葉幅が足りてない気がします。

まだまだ精進せねば・・・ですね。

 

Kovachii160424_4

 

|

« 素焼鉢のスリット加工 | トップページ | 失敗ルージュ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65282823

この記事へのトラックバック一覧です: Kの植え替え5:

« 素焼鉢のスリット加工 | トップページ | 失敗ルージュ »