« ふえてる陸貝1 | トップページ | シリアゲムシの交尾 »

小さな花に小さな罠

庭の白い花リレー、既にオトコヨウゾメとサワフタギが終わり、

現在エゴノキ、イボタノキ、そして写真のコゴメウツギが開花中です。

コゴメウツギの小さな花は訪れる昆虫も小さな種類が多い様です。

イボタノキに見られるコアオハナムグリやマルハナバチの仲間などは

あまり訪れず、ハナムグリなら一番小さなヒラタハナムグリ、

鉢ならコハナバチの仲間、そして小型のマメヒラタアブなどなど・・・

そうなると花に隠れてそれらを補食するクモもやっぱり小さめ。

写真はハナグモによく似てそれよりちょっと華奢なコハナグモ。

どうやら捕らえたのは花にやって来たキノコバエの仲間みたいです。

小さな花には小さなお客さん、そして小さな罠。

スケールが違ってもつながる仕組みは同様ですね。

 

Kohanagumo1605

|

« ふえてる陸貝1 | トップページ | シリアゲムシの交尾 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65591776

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな花に小さな罠:

« ふえてる陸貝1 | トップページ | シリアゲムシの交尾 »