« 繁殖期突入 | トップページ | き〜んら〜ん♪ »

これってアレ!?

Kinrankamo160503_2

 

今年は3月に入ってから積極的に合間を見つけては

庭の片付けや除草をしているのですが、

その作業中にいくつか驚きの植物種を見つけました。

今日の話題の主もそのひとつなのですが、なんでしょうかね、これ?

芽を伸ばしながら左右に葉を展開する、よく見かけるタイプの草ですね。

この姿はまずユリ科かラン科です。

里山の雑木林内では、こういう植物が何種類もあるのですが、

注目したのは下から2番目の鞘・・・赤い矢印のところです。

写真をクリックして拡大してみないとちょっと分かり辛いのですが、

白っぽい地色にフレッシュグリーンのスジがクッキリ通っています。

このスジと大きさ、葉の形に注目して候補を絞り込むと

答えはひとつ・・・キンラン・・・キンラン?

え”~っ!!??ほんまかいな!庭にキンランが生えて来ただとぉ?

キンランやギンラン、ササバギンランは、当地の近隣でも

条件が良い場所ならまだ多少目にする事が出来る野生ランですが、

菌依存性が非常に高く、移植や栽培が大変難しいと言われています。

これがもしそのキンランだとすれば、

庭のこの場所の土にたまたまキンランが依存する菌類がいて、

そこにたまたまキンランの種子が飛ばされて来て、

両者がめでたく出会いここまで大きな障害なく育ったという事・・・

私が言うのもナンですが、これは相当な希有な事だと思います。

草丈は現時点で17センチ程。

キンランだとすればかなり小振りです。

花が咲くかはわかりませんが、先の方がふっくらしているので、

どうも蕾が入っているように思われます。

もし咲いたらたぶんこの株にとって初花でしょう。

(もっとも目立つ色の花なので、咲いていたら気付いていた筈ですが)

咲くといいなあ!楽しみでなりません。

 

|

« 繁殖期突入 | トップページ | き〜んら〜ん♪ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

「ギョッ!ドキドキッ!!!・・・まじ!?」
と、こんな風だったでしょうか、驚きの発見の瞬間は。
読んでる方もドキドキドキドキ。
凄いドラマですよね。
咲いてくれますように♪続報心待ちにしています。

投稿: くわでん | 2016年5月 6日 (金) 15時32分

くわでんさんこんばんは!
そんな感じですよ。さすがにウソだろっ!と目を疑いました。
決して珍しくはないランですが、特殊な生態を持つ種類ですから。
もっともまだ確定って訳ではないですけどね。
でも、もしビンゴだったら庭も12年の歳月を経て、
やっと本当に生きた土壌になってきたということかな?と・・・
ビオトープ屋としては嬉しい限りです。

投稿: ぐりお | 2016年5月 6日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65341366

この記事へのトラックバック一覧です: これってアレ!?:

« 繁殖期突入 | トップページ | き〜んら〜ん♪ »