« 池の新緑2016 | トップページ | 思わぬ変化球 »

ふえてる陸貝2

6月に突入・・・おお、今年も折り返し点ですねえ!

早いなあぁー、なんでそう急いで年をとらせるかねえ・・・とか

考えちゃう年頃のぐりおです(笑)

さて、今日の話題は先月18日にアップした「ふえてる陸貝」の続き。

庭の木が成長し、毎年毎年秋に落ちる落ち葉の量が増えると、

今まで見られなかった陸貝、非常に少なかった陸貝を

しばしば目にするようになってきました。

写真のカタツムリもそんな種類のひとつ。

名前がちょっと長くてトウキョウコオオベソマイマイといいます。

東京で見つかった小さなオオベソマイマイという意味です。

オオベソマイマイの仲間の殆どは殻を裏側から見た時、

巻きの中心部分の穴がおおきく窪んでいることから付いた名です。

殻の直径が10ミリ前後の小さなカタツムリで、

殻そのものは赤茶色をしていますが、軟体部が黒っぽいので

生きている時は殻もその黒が透けて焦げ茶色に見えます。

庭が出来たばかりの頃は、庭でその姿を見る事は無かったのですが、

近所の竹林の際や高い草はらでしばしば見ていたので

きっといつかは庭にも住み着いてくれるのではと期待していました。

写真は雨上がりに落ち葉の裏で寝ているところを撮影したもの。

見つけたときは4個体いたのですが、部屋にカメラを取りに行っている間に

1個体は移動してしまいました。

左の個体も起きて移動を始めた後ろ姿で、

黒っぽい軟体部がちょこっとのぞいていますね。

休んでいるところを起こされてちょっとばかり不機嫌かもしれません。

ごめんよ~(笑)

 
Tokyokooobeso1605

|

« 池の新緑2016 | トップページ | 思わぬ変化球 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ぐりおさんのお宅ができてから13年。
このトウキョウコオオベソマイマイは当初から「カタツムリの谷」(でしたっけ?)にいたんでしょうか。
13年…コツコツと作ってきた環境が落ち着いて、定着したって証ですもんね。
過去ログ少し辿ってみましたが、ほんとに多彩なデムが登場。
そして、そのいずれもが実に美しく、のびのびしてますね。
13年…すごいな~って改めて感服したくわでんでした。

投稿: くわでん | 2016年6月 2日 (木) 20時27分

くわでんさんこんばんは。
庭を作り始めて13年、家はその1年後からなので12年です。
「マイマイ谷」は5〜6年目からニッポンマイマイの楽園でしたが、
その頃トウキョウコオオベソは全くいませんでした。
彼等は13年掛けて周辺から移動して来たのです。
比較的移動能力の高いニッポンやヒダリマキ、ミスジと違い
やはり時間が掛かりましたね。大体ナミコギセルと同じペースでした。
今では、一見目立たないけどちょっと探すとたくさん見つかる常連です。
13年・・・そうですね。あらためて考えてみると長いようだけれど、
環境的には「やっと兆しが・・・」って感じですねー。

投稿: ぐりお | 2016年6月 2日 (木) 23時58分

 こんばんは。
当地、梅雨入りして早速しっかり雨降りました。
この雨にデムたちもご機嫌だろうと思いながら、山を見ていました。
 13年かけて移動してきたトウキョウコオオベソ。
大変な旅路だったでしょうね。でも、ぐりおさん宅にオアシスがあるって、なんでわかったんでしょう。
思えば、マルシタラなんかだって、産卵された木の根元から葉裏に移動する大紅軍を毎年けなげにしてるわけですね。
自然の力って凄いですね。
この5年でくわでんの愛したフィールドはカラカラの大砂漠になってしまいましたが、ぐりおさんのお話に、今何とかすれば、まだギリギリ一縷の望みをまだ託せるかな?って思ったくわでんでした。
いいお話をありがとうございました。

投稿: くわでん | 2016年6月 5日 (日) 20時59分

くわでんさんこんばんは。
そのフィールドですが、陸貝って環境が変わると
ピンポイントに残って環境の再生を待つようなところがあるので、
そのピンポイントオアシスを見つけて、しっかり見守ってあげたいですね。
そして、周りにちょっと環境再生が見られるようになると、
陸貝はそれを見逃さないような気がします。
どうもそういうハナは利く生き物みたいですよね。

ここ数年、おもに陸貝のために
積もった落ち葉をなるべくそのままにしていたのですが、
全体をそうするのではなく、そういう少しの場所と逆に落ち葉が無くなって
小さな草の実生が顔を出せる場所の両方があった方が
陸貝もその他の生き物も相対的に多く暮らせるという事が分かって来ました。
面白いものですね。

投稿: ぐりお | 2016年6月 5日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65788094

この記事へのトラックバック一覧です: ふえてる陸貝2:

« 池の新緑2016 | トップページ | 思わぬ変化球 »