« 夕暮れ出動 | トップページ | レモンとイエローの間 »

ふえてる陸貝3

つい先週まで湿度が30%を切るような日が続いていたのですが、

ここへきてやはり空気が湿ってきました。

いよいよアジサイとカタツムリのシーズンですね。

というつながりでもないのですけれど、

今日は庭でふえてる陸貝の第3弾。

今回の陸貝はキセルガイの超普通種、ナミコギセルです。

本当にさして珍しくもないキセルガイですが、

新規造成という形でリセットされた更地には当然いませんでした。

もともとはいた可能性も低くないのですが、

ま、そういう訳で一旦いなくなった次第です。

そのナミコギセルを庭でまれに見かけるようになったのは5年程前から。

庭を作り始めて6~7年が経過したあたりです。

その頃はたまに見かけたにしても1個体のみ。

一度に複数を確認する事はありませんでした。

ところが今年の春、落ち葉掃きをしていたら深く堆積した落ち葉の下で

複数の個体が寄り添うように越冬しているのを数カ所で発見!

いつの間にか定着していたようです。

でも、なかなか目に付くところに出て来て活動してくれない貝なので

一体いつ頃からどの位いたのか分かりません。

ひょっとしたら1個体をたまに見かけた頃から、

じつはけっこうな個体数がいたのかも知れません。

ひっそりと忍び寄り、今も人目を忍んで

こっそり仲間をふやしているナミコギセル。

出ない杭は打たれる事も無くじつに平穏の暮らしています。

本当は庭でもっとも個体数が多い陸貝なのかもしれません。

 

Namikogiseru1605

|

« 夕暮れ出動 | トップページ | レモンとイエローの間 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/65910410

この記事へのトラックバック一覧です: ふえてる陸貝3:

« 夕暮れ出動 | トップページ | レモンとイエローの間 »