« レモンとイエローの間 | トップページ | 野花菖蒲開花 »

ひと足お先に

イボタ、ガマズミ、スダジイ、クリ・・・

初夏の樹に咲く白い小花たちは、

蜜や花粉を求めて集まる甲虫たちで賑わいました。

こうした小花は、甲虫たちに食べ物を提供するだけでなく、

それぞれの繁殖のための出会いの場も提供しています。

写真のベニカミキリもそんな花に集まる甲虫の一種です。

紅一色のさやばねは、白い花の上を歩き回っていても

青い空を背景に飛んでいてもじつによく目立ちます。

我が家は裏手に大きな竹林が接しているので、

竹を幼虫時代の食樹とするこのカミキリムシは庭の常連です。

ミツバアケビの葉に止まっている写真の個体は、

なんだか脚にも触角にも力を感じません。

生きているけれど、どうやら弱っているみたいです。

多分、繁殖活動をひとしきり終えた余生の短い個体なのでしょう。

春から初夏に繁殖期を迎える年一回発生の昆虫たちは

当然ながらこの時期に成虫の寿命を迎えます。

他の昆虫たちが次々に羽化して出揃って来る初夏に

ひっそりと姿を消すという生き方は、

その派手な容姿とはちょっと不釣り合いな気がします。

 

Benikamikiri1606

|

« レモンとイエローの間 | トップページ | 野花菖蒲開花 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/66040714

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足お先に:

« レモンとイエローの間 | トップページ | 野花菖蒲開花 »