« ついに尻尾をつかまえた! | トップページ | 相対的に黒い? »

銀メッキ

Ginmekkigomigumo

 

この季節、クモに注目して自然観察をするとなかなか面白いです。

昆虫と同様、一斉に色々な種類を見かけるようになることもありますが、

春早めに登場した種類から順に産卵期を迎え、姿を消していくので

週替わりで目に付く種類が変化するのです。

この現象は秋まで続くので、気にして続けると、結構楽しめますよ。

写真のクモはギンメッキゴミグモ。

これも5月頃が一番目立つ種類で、庭のあちこちで見られたのですが、

もうピークを過ぎて今では数匹しか残っていません。

巣に引っかかったゴミや獲物の食べかすを巣の中心に帯状に集め、

その中に身を隠す事で知られているゴミグモの仲間ですが、

このギンメッキゴミグモはあまりゴミ収集はしないみたいです。

名前の由来ともなっている腹部背面の銀色が

とてもよく目立つクモなんですが、

この色のせいで写真を撮るのが難しいクモでもあります。

上の画像だと銀色の感じは分かりますが、

他の部分は黒っぽくて不明瞭ですね。

だからといって全体を明瞭に写そうと、ストロボを使うと下の通り。

脚の縞模様や質感は分かるようになりましたが、

腹部の銀色が見事に光を反射して、真っ白にすっ飛んでしまいました。

少し鈍くレフを入れればいいのですが、

あいにくこの時は曇天でそれも叶わずでした。

ところで、上の画像と下の画像、どちらのクモが大きく見えます?

じつは、2つのカットのクモの位置、大きさは全く一緒なんです。

結構違って見えませんか?

人間の感覚って案外いい加減かも・・・

あ、そう言えば今水戸の近代美術館で、「エッシャー展」やってますね。

時間があったら行ってみたいなあ。

 

Ginmekki_overlight

|

« ついに尻尾をつかまえた! | トップページ | 相対的に黒い? »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/66151792

この記事へのトラックバック一覧です: 銀メッキ:

« ついに尻尾をつかまえた! | トップページ | 相対的に黒い? »