« 野花菖蒲開花 | トップページ | 京鹿の子 »

鹿子蛾

庭のあちらこちらで細身のガがゆるゆると飛んでいます。

ハチの一種に擬態していると言われるカノコガという昼行性のガです。

翅の白黒模様、そして胴体の黒に黄帯の模様、

幅が狭くて横長の翅と縦長の胴体がクロスする十字架型のプロポーション、

一度覚えてしまえばすぐに判別できるガのひとつですね。

幼虫は黒っぽい毛虫で、移動中のところは見た事あるのですが

植物を食べているところはまだ確認していません。

なんでも食草はタンポポ類やシロツメクサとのことで、

うちの庭にはどちらもあるのですが、一体どこにいたのやら・・・

成虫の数はそこそこいるので、幼虫も結構あちこちにいたはずです。

このガの黒い部分、ただの黒じゃあないのです。

特に新鮮な個体は・・・

カラスのはねのように、青っぽく、あるいは紫っぽく艶やかに光るのです。

その感じをお見せしたくて、胴体の黄色がすっ飛んでしまう事を覚悟しつつ

あえて晴れた時に撮影したのですが、

肝心のカラスの濡れ羽色は失敗、且つ黄色がすっ飛んだのは目算通り(笑)

なかなか上手く行かんもんです・・・

 

Kanokoga1606

|

« 野花菖蒲開花 | トップページ | 京鹿の子 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ブログ楽しんで読ませていただきました。
動植物話のお話は詳しくて、わかりやすくて勉強になりました。
我が家の近くに住んでらっしゃるので、どうしても気になってしまい
突然のコメント申し訳ありません。
私もブログを書いております。よかったら覗いてください。
「小さな坂の町」と申します。

投稿: ここじ | 2016年6月16日 (木) 20時36分

ここじ様はじめまして、ようこそおいで下さいました。
ここじ様はじつはご近所様なのですね。
「小さな坂の町で」楽しく拝見致しました。
読んでいるうちに、あら不思議、自分の家族がちょっと愛おしくなって来ました。
力を抜いた深呼吸・・・みたいな素敵なブログですね。
空気の匂いが伝わって来そう・・・
時々お邪魔したいと思います。よろしくお願いします(笑)

私もここに来るまでは同じ市内の、まさに
「小さな坂の町」という地名の団地に住んでいたのですよ。
敷地は狭くて、家も中古で・・・でも、日だまり的なほんわり感がある町でした。
懐かしいなあ・・・

投稿: ぐりお | 2016年6月17日 (金) 12時33分

わぁ!時は違えどご近所さんだったんですね!
これからも遊びに来させてください。

投稿: ここじ | 2016年6月17日 (金) 21時27分

ここじ様
ここじ様のブログのいくつかのカットを見ていて
なんだか見覚えが有る景色だなと思いました。
ぜひこれからもおいでくださいませ。
ここじ様のブログにもコメント入れたかったのですが、
ココログとはだいぶフォームが違うので、ちょっとまごついていったん撤退(笑;)
またあらためてお邪魔しますね。

投稿: ぐりお | 2016年6月19日 (日) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/66040736

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿子蛾:

« 野花菖蒲開花 | トップページ | 京鹿の子 »