« 復活のシキンカラマツ | トップページ | やっと(夕立ちが)来た! »

今年の撮影勝負

Midori160630_1

 

何この暑さ!?・・・て感じですね(笑;)

いきなりいっちゃいましたよ34℃!猛暑日寸前でした。

昔だったらこの時期のこういう日の夕方は、

上空の冷たい空気にビックリした水蒸気が夕立ちになって落ちてくれるから

地は潤って夜は涼しくなったものなのですが・・・ダメだ夜も暑い(笑;;)

さて、ヘイケボタルもすっかり減ってしまったこの時期の庭の楽しみは

池畔のハンノキに住み着いたミドリシジミの飛翔です。

今年は数が多くて一度に複数の卍飛び(まんじとび)が見られます。

それを何とかブログにアップしたいのですが、

相変わらず撮影の方は悪戦苦闘・・・

でもね、ほんのちょっと進歩しましたよ。

上の写真、本来ならまだまだ人に見せられるシロモノじゃないのですが、

やっとどうにかチョウが2匹飛んでいるようには見えません?

今までの「ぼやけたゴミ」よりは、多少進歩したような・・・(笑)

下はテリトリーのハンノキの枝先にとまったところ。

夕陽が当たってくれたので、翅の青緑の金属光沢がどうにかわかる・・・?

しかし、いかんせんちょっと小さ過ぎますよねー。

 

Midori160701_1

 

Midori160703_2

 

そこでもうちょっと長いレンズに替えてみました(上の画像)。

500ミリのレフレックスですが、カメラはマイクロフォーサーズなので

換算して1000ミリ相当という事になります。

夕暮れに手持ちで1000ミリって・・・あまりに無謀ですね(笑)

ぼんやりながらチョウの全体像は伺えますが、

翅の角度が悪くて、青緑の炎が燃えるような色あいは出ていません。

下のカットが、恥ずかしながら現状でのベストショット。

青緑のガスの炎みたいな独特の光沢が、どうにか写ってくれました。

でも、チャームポイントの後翅の尾状突起は隠れてしまっているし、

細部の鮮明さがぜんぜん足りてない・・・

薄暗い夕暮れ時、長玉付けたカメラを持ってのミドリシジミとの格闘、

まだまだこの先も果てし無く続きそうです(笑)

 

Midori160703_3

|

« 復活のシキンカラマツ | トップページ | やっと(夕立ちが)来た! »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/66359464

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の撮影勝負:

« 復活のシキンカラマツ | トップページ | やっと(夕立ちが)来た! »