« 明日は晴れるか? | トップページ | 謹賀新年2017 »

帝釈さん

幾分光沢が強めなダークワインレッド。

そして、印象的な肋を刻む成長脈。

これこそ長年あこがれだったキセルガイ、タイシャクギセルです。

まるで海の貝みたいな素敵な殻は、

強いアイデンティティを放っていますよね。

広島県の帝釈峡に特産であるため、「帝釈煙管」の名を持っていますが

その後岡山県のごく一部にも生息している事が判明しました。

まあ、いずれにしても大変な希少種です。

このタイシャクギセルはいただきもので、

初夏に幼貝の状態で我が家に届きました。

その後すくすくと成長し、夏の盛りに成貝になりました。

繁殖してくれると非常に嬉しいのですが、

今のところまだその兆しはありません。

・・・というか、

この貝には繁殖確認の重要な証拠である『卵』が存在しません。

なんと卵胎生なのです。(まあ、そういうキセルガイは

ですから繁殖の判明形態は、いきなり

「赤ちゃんがいる!」という事になる訳です。

早くそんな驚きを味わいたいものです。

 

Taishakugiseru_2

|

« 明日は晴れるか? | トップページ | 謹賀新年2017 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ご無沙汰しています。すっかり季節が進んで、紅葉もそろそろ見納めですね。
ところで今日はタイシャクギセルが登場。
仔貝と早く対面できるといいですね。フフフ…爆産しますよ(Ф▽Ф)

投稿: くわでん | 2016年11月17日 (木) 20時03分

これって地上にいる貝なの?
ほんと海にいるような感じの貝だね。
しかも卵胎生なんてビックリ。
貝にも卵胎生ってあるんだぁ。

投稿: こー | 2016年11月19日 (土) 00時10分

くわでんさんお久しぶりです。
関東の紅葉もそろそろ平野部に降りて来ました。
山の紅葉は明日あたりが見納めになりそうです。
タイシャクギセルですが、何がお気に召さないのか、
なかなか増えてくれません。
他にも数種類の卵胎生の煙管がいるんですけど、
それらはみな仰る通り爆増しています。
長いこと憧れ続けていた貝なので、何としてもふえて欲しいです。

投稿: ぐりお | 2016年11月20日 (日) 00時07分

こーさんこンばンわ!
ですよね〜、知らない人にこの貝殻だけみせたら、
おそらく海の貝だと疑わないでしょう。
でもうちのヤツは肋がやや密に現れるタイプで、
もっと肋があらくてまばらな個体はさらに海貝っぽいんですよ。

巻貝には卵胎生って結構いますよ。
マルタニシとかヒメタニシとかカワニナとか、
タニシの仲間には卵胎生が多いです。

投稿: ぐりお | 2016年11月20日 (日) 00時14分

大変ご無沙汰しております。
新年おめでとうございます。帝釈煙管ですか?
私は帝釈峡が庭のように何度も通ってますが貝までは思いが至りませんでした。

帝釈峡は3億年の古い地層からなる石灰岩地帯で縄文人の洞窟とか鍾乳洞とか色々見所のある場所です。
植物相が広島県では一番豊かな地域ですね。 川が大変綺麗で水深の浅いところでは川真珠貝を
見かけます。バイカモも有名ですね。

趣味の水石探しと山野草観察で帝釈峡へは良く通ってますが、以前変わった色、ゼブラ色だったか大きなカタツムリを森の中で見かけたことがありましたが、その方面には詳しくなかったので未だに名前を確認しておりません。

春にアツモリソウの話でお世話になって大分経ちましたが、今春は岩泉産アツモリソウが咲くことを切に期待したいですね。 アツモリソウ栽培は広島県のような暖地では栽培が困難とも言われておりますが、昨春購入した岩泉産アツモリの開花株は昨秋10月末まで葉が持ちこたえたので開花に希望を持ってます。

今年は貝にも興味関心を持って山野を歩きたいと思います。

投稿: モリゾウ | 2017年1月 7日 (土) 08時52分

おはようございまーす。

こちらもほぼ雪が消え春らしくなってきました。
いまはフクジュソウがあちこちで開花してます。
春はいいですよねー。(^^)

投稿: こー | 2017年4月20日 (木) 07時58分

モリゾウさんご無沙汰しております。
しばらくPCから離れていて、いただいたコメントにずうっとお返事できず、
大変失礼いたしました。
モリゾウさんにとっては帝釈峡は身近な場所なのですねえ。羨ましい!
じつは帝釈峡にはほかにも珍しいカタツムリがいるんですよ。
いつか訪ねてじっくり観察してみたいと思っています。

アツモリソウの調子はいかがですか?
春を迎えた無理増産の株は期待に応えてくれたのでしょうか。
我が家ではマクランサム(アツモリソウ)から咲き始め、
今ヘンリィやパルビフローラムも開き始めました。
レギナエはやっと芽が顔を出したところです。
ブログにアップしようかとも考えたのですが、
いろいろあったので、情報発信にはちょっと躊躇しています(笑)

投稿: ぐりお | 2017年5月 3日 (水) 15時04分

こーさんご無沙汰です。
こちらは今年の春はちょっと様子が変で、寒の戻りが強かったせいか
桜の開花がスゴ〜く遅れました。
おかげでコブシもウメもモモも桜も同時に咲いていて、
ちょっと北国の春っぽかったです。
近くの小学校のソメイヨシノが4月中旬にやっと満開を迎えた・・・というのも
過去記憶にありません。
どんどん変な気候になっていく感じがちょっとコワいな〜・・・(笑;)

投稿: ぐりお | 2017年5月 3日 (水) 15時10分

は〜い モリゾウです。
大変ご無沙汰しております。

あれから月日も経ちアツモリソウの季節到来ですね
帝釈峡は身近とは言え自宅から距離にして80kmくらいありますね。
道中、信号もあまりなく行けるので庭のように出向いてました。

帝釈峡には他にも珍しいカタツムリもいるんですね
昆虫や甲殻類等に詳しくないので、その貴重性に気付いてないのが種が他にも多いと思います。
世界は広いですね!

アツモリソウですが、幸運にも岩手産アツモリに蕾が上がりました。
芽数も倍の6芽に増えて嬉しい大誤算でした。
中国東北産は前年と変わらず2芽で全て葉芽でした。

当分pcから離れていたんですね
ブログが更新されてないので心配してました。
写真がなくても文章でも十分伝わりますよ。

私は昨日人生初のブログを開始しました。
文章の投稿の仕方が分からず写真だけアップしました。アツモリソウ2種の写真です。
yahooブログのyamasanで出てます。
あまり写真やブログ、sms等には興味がないのですが、次は開花した時の写真を載せたい
と思います。

くれぐれも無理をなさらず、お体を大事になさって下さいね。

投稿: モリゾウ | 2017年5月 8日 (月) 06時25分

モリゾウさんこんばんはです。
岩手産が好調との事、何よりです。
うちも今年はマクランサムが一番たくさん咲きました。
でも、せっかく昨年を乗り切った株のいくつかが
例年に無く強かった寒の戻りで芽つぶれを起こしてしまい、痛恨の極みです。
唯一これから咲く悦も理想のレギナエは芽数が増えたのですが、
伸び出した芽がちょっと細くて花付きは悪そうです。

yahooブログでyamasan検索したら、どう見てもつい先日開始したのではない
ほかの誰かが引っ掛かりました。
バイクとかガルパンフィギュアとか・・・違いますよね(笑)
たんねんに見るとモリゾウさんの記事も見つかるのかもしれないのですが、
とりあえずまたトライしてみます。

体の方は仕事の関係でなかなか治すいとまが無いのが辛いところです。
手の中指と肘を繋いでいる筋肉が両腕とも傷んでしまっているので
軽いものでも腕を伸ばした状態で持ち上げるのができず
めちゃくちゃもどかしいです(追笑)

投稿: ぐりお | 2017年5月 9日 (火) 23時54分

ぐりおさん、おはようございます
鉢植えアツモリソウですが岩手産はまだ蕾状態です。
こちら暖地の広島ですが、内陸盆地で標高250mなので朝晩は結構冷えますね

鉢内は芝とレンゲソウがコンパニオンプランツとして繁茂してます。
リスク覚悟で実験的に種をまいて三種を育てたわけですが成功したのかどうかは結論は
出ません。
普通に単独で栽培しても芽数が倍に増えるのか開花まで行くのかどうか。。

昨春、開花2芽(1株)+未開花(1株)の合計2株の岩手産アツモリを駄温鉢二重鉢で常緑樹下
に通年固定で管理してきました。冬は鉢と鉢の隙間に断熱材を詰め込んで防寒しました。

遅い芽出しが始まるまでは完全に諦めモードでしたが何とか2芽開花までいきそうです。
昨春購入時は大柄な株でしたが、こちらの環境下では一回り小さく締まった株になりました。
草ぼうぼうの鉢で観賞的にはどうかと思いますが(笑)一昨年のリベンジをはたしました。

投稿: モリゾウ | 2017年5月12日 (金) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/68469092

この記事へのトラックバック一覧です: 帝釈さん:

« 明日は晴れるか? | トップページ | 謹賀新年2017 »